見出し画像

弁護士ドットコム・デザイン部で2018年を振り返ってみた

はじめまして!
弁護士ドットコムでデザインマネージャーをしております内藤です。

2018年12月25日、今日はクリスマスですね!

弊社の提供するサービス「弁護士ドットコム」に関わっているデザイナーは、デザイン部に所属しています。
年末ということもあり、デザイン部のメンバーを中心に、デザイン組織について今年の振り返りをしてみました。

具体的には「今年のデザイン部総集編(振り返り)」というタイトルで一時間半の"KWT(KPT)"を行いました!
"KWP"とは、K=Keep、W=わかったこと・気づき(←急に日本語)、T=Try、です。

一般的には "KPT" ですが、P=Problem、問題という言い方では深刻で重い話になりがちなので、少しでも前向きに考えられるようにPをWに変えるという弁護士ドットコムらしいカスタマイズが入ってます。

目的と進め方

目的:今年一年のデザイン部の振り返りを行い、来年からのデザイナー支援をアツくする
メンバー:デザイン部(弁護士ドットコム本部)、事業開発部のデザイナー
進め方:よかったこと、わかったこと・気づきをを洗い出し、それに対する改善策を考える

振り返りスタート!

クリスマスソングが流れる会議室でマネージャーの金子(女子力高め)が用意してくれたお菓子を片手に"KWT"スタートです。

進行に不安もありましたが、実際にミーティングを始めると、進行は壮絶にスムーズ。
様々なフレームワークでファシリテーションができるメンバーが増えたことを実感し、この辺りも一年の成果が出ているな〜とこっそり感動しました。

まずは、K(Keep)洗い出し

・自分の成長を実感できた
・一人ぼっちじゃなかった
・みんな勉強して社内に還元している
・相談すると聞いてくれる
・ワークショップが実戦に活きた
・チーム外タスクをメンバーがフォローしてくれた
・他のメンバーのタスクを前のめりで助ける人が多い
・入社してよかった
・みんなビジョンベースで仕事している
・社外のつながりもどんどん増えている
・会社のブログをリリースできた
・学び合いと高め合いができている
・デザイナー定例がよかった

などなど。
嬉し涙ものの意見が続出しました!

続いて、W(わかったこと・気づき)

・デザイナー以外のメンバーへの情報共有を増やしたい
・レガシーなコードに向き合う必要がある
・事業部を超えてワークショップしたい
・社内異動がもっと楽にできたらいいかも
・早めに相談したらよかったことが多い
・あまりリリースできていない
・ミーティングと制作のバランスがムズイ
・デザイン組織がどうなっていくべきか
・デザインなんとかしたいが手がまわらない
・デザイナーのビジョンがほしい
・デザイナーの仕事を理解してもらった方がいいかも
・チーム、デザイナー問わず、関係性の質を上げた方が良さそう
・入社したメンバーのフォロー・オンボーディングサポートが必要

などなど。
こちらも問題が多いながらも、W(わかったこと・気づき)とすることでポジティブにリフレーミングできてます。(できてるかな?)

そして、最後に K(Keep)、W(わかったこと・気づき)で重視すべきものにドット投票していきます。
重要なものをある程度グルーピングして T(Try)を書き出しました。

現状、よかったこと K(Keep)だったとしても、今後継続していく上で形骸化するものも出てくる可能性があります。そこも改善の意識を持って T(Try)の意見を出しました。

そんな中、出てきた T(Try)

・K(Keep)または、 W(わかったこと・気づき)
→ T(Try)

・デザイナー定例がよかった
→ アジェンダの最適化(形骸化させない)

・横軸タスクをみんなで協力し、デザイナーのプレゼンスアップへ繋げていく
→ タスク・プロセス・アウトプットの見える化

・学び合いと高め合い
→ ボトムアップの文化をキープしつつ、達成をお祝いする。やりたい気持ちはみんなで応援

・関係性の質UPや対話の機会、お互いの理解(強みや弱み)
→ メンバー間の1on1、本人が気づいていない強みを出し合う

・入社した人のフォロー・オンボーディングサポート
→ 困りごとの洗い出し・トップダウン&ボトムアップの仕組みづくり

・組織としての中長期(3〜5年後)のビジョンの具体化
→ 上層部の理解を得ていく

・給料が上がるだけの結果を出す
→ やった事きちんとアピール

・デザイナーのビジョンや未来についての共有
→ ワークショップ実施してみる

・組織デザインの最適化
→ 個人個人がやりたいことと組織の方向性を一致させる

といった具合で T(Try)を洗い出し。

一時間半で具体的な施策まで辿りつけなかったものも多いですが、それぞれリーダーをアサインして来年から実行していこう!というところでタイムアップ。

まとめ

今回のデザイン部の振り返りでメンバーが感じていた、考えていたことが改めて見えました!
今後さらに良い組織にするためのアイディアがバンバン出てきたのもとても頼もしかったですね。

根底には会社としてデザインを大切にしてくれるカルチャーがあって、みんなが同じ方向を目指しているからこそ、こんな前向きなデザイン組織が成立してるんだなと思いました。

ミーティングの一時間後には早速一つのプロジェクトが動き出しました!!!

2019年もさらに弁護士ドットコムの組織改善に向けてがんばっていきたいと思います!


補足
この記事は InHouseDesigners Advent Calendar 2018 関連記事です。
事業会社で働くみなさまの記事も合わせてお読みください。
https://adventar.org/calendars/3209

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

14

RyUiChI_NaItO

弁護士ドットコムでデザイナマネージャーはじめました

とびだせ! 弁護士ドットコム

弁護士ドットコム株式会社 (https://corporate.bengo4.com/) の中の人が書いた記事をまとめたブログです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。