見出し画像

「ゲームのうまいやつが評価される世の中」が「下手な奴には人権がない世の中」の裏返しになりませんように

お疲れ様です、pontaです。eスポーツライターです。

eスポーツが盛んになった世界はのぞましい。

ゲームプレイヤーたちのゲーセンに費やした時間が、あるいはスマホゲームに熱中した思いが無駄になり、「あれなんだったの」となるのは寂しい。

またその持って生まれた才能にふさわしい評価を与えないのは不当だとすら思う。

ビジネス的に考えても、ゲーム開発費が高騰していき広告宣伝費が削減されている昨今、一度人気が出たゲームタイトルを競技化させることで長生きさせるのは理にかなっている。この方向性になんら不満はない。

ただ、ふっと思ったんだけれども、「ゲームのうまいやつが評価される世の中」って、ひょっとして「下手な奴には人権がない世の中」の裏返しなんじゃないかなって。

つまりゲームの上手いやつがモテる世の中とは、ヘタな自分がモテなくなる世の中のことなんじゃないかなと思った次第。

これはもちろん、考えすぎだろう。

サッカーが下手なサッカーライターは山ほどいるし、トップリーグでのプレー経験のないマネージャーだって出てくる世の中だ。

ただ、自分が息抜きにしているゲームの中でまでヒエラルキーをつけられ、雑魚化していくのはちょっとダルいというか。

育児、勉強、仕事。などなど。ゲーム以外にエネルギーを注がなきゃいけないタイミングで、ゲームのミスひとつで「努力不足」とか「雑魚すぎわろた」と言われてもつらいっていうか。

や「ゲームプレイをみれば女の扱いがわかる」とか「ゲームで努力できないやつは実生活でも努力できない」という、ゲームが人格とイコールにされる世の中の到来も見えていて。

そうなったらゲームへの才能がないところのワイ。『スラムダンク』でいうところの「赤木、おまえと一緒にバスケをやるのは息苦しいよ」なのである。

上手いやつが評価される世の中はきたれ。しかしそれがヘタな人の発言権をなくしていく世の中とセットではありませんようにと思った次第。

上手い人も下手な人も一緒に楽しいのが、いいね。

「努力すればすむこと?」

うるせえsteamのSLGやるわ。

以上、よろしくお願いします。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ブログ3000万PV達成!ファミ通でライティング。クラロワや他ゲームの取材、企画、記事執筆、台本依頼はTwitterまで。 https://twitter.com/claclaponta http://geriburo.com/

268

ponta

ブログ3000万PV達成!ファミ通でライティング。クラロワや他ゲームの取材、企画、記事執筆、台本依頼はTwitterまで。 新宿に住んでます。 https://twitter.com/claclaponta http://geriburo.com/

#ゲーム 記事まとめ

noteに公開されているゲーム系の記事をこのマガジンにストックしていきます。PlayStation 4、Nintendo Switchなどのビデオゲーム、ソーシャルゲーム、ボードゲームなど。
4つ のマガジンに含まれています

コメント12件

@バカボットさん
はい、バカでした。すみません。
おっしゃる通り確かにゲームは競技ですね。
私の書き方が悪かったです。
「競技を目指さない人」と書いたのは、「ガチ勢ではない人」=「ライト勢」と言う意味で書きました。
ライト勢でも、もちろん勝つ為にゲームをしています。なので「勝てなくても楽しむ方法がある」と言うのは誤解です。誤解を招く様な書き方をして申し訳ありませんでした。
@バカボットさん
でもすみません、やっぱりバカなのか、残り二つが理解出来ませんでした。

・ガチ勢とライト勢を開発者側がさばくのが甘えだと言う件。

レートによる自動マッチング機能があるとおっしゃられて居ますが、それがあるゲームは問題ないと思います。開発者側がさばいている認識です。無いゲームは、追加して欲しいと思っています。ユーザー側が努力するのはあまりに大変だと思ったので。

・活動場所を変えれば強者の可能性があるからと言う件。

そもそも、スポーツと言う同じキーワードは付いていますが、両者は全く異なるジャンルです。比較対象として出す事自体がナンセンスだと思います。個人的には、e-sportsを諦めれば?と言われる方がまだ納得いくレベルです。

そして弱者のゲーマーにも人権はあります。活動場所を変える必要などありませんし、それを強要される事もありません。
ゲームの上手い人に頭のいい人が多いのは、昔からよく言われてますね。何故なら負けた原因を常に記録、分析、考察して、次の対戦に生かして行くからです。下手な人は、負けても大抵何もしません。同じ失敗を繰り返ししてしまう傾向にあります。

これをどう捉えるかは個人の自由だと思います。でも、その基準を一方的に押し付けるのはまた別の問題かと思っています。
面白い
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。