見出し画像

『エチカ』 ~ FLY!FLY!FLY!

前回はコチラから▶ 『エチカ』〜 シャークの森  


:::::::: つづき

「ふぅ、あのおしゃべり鮫が消えてくれたら途端に静かになったな。ハハッ、そうだよ、何も恐がることはない、これ、全部ぼくの夢なんだし。」

太陽は出ていない、月も星も見えないのに辺りは明るかった。さっきまでは、鮫しか見えてていなかったのが不思議なほど周りがよく見える。樹木が乱立し、道らしい道はないというのに、おどろおどろしさは感じられない。大地は芝生のような背丈の揃ったグリーンで覆われており、目の届く限りどこまでも広がっている。


(遊んでくのも悪くないかな…)


「そうこなくっちゃ!」

「うわッ!!! もう! ビックリさせないでくださいよ!」

「そお?」

「消えたかと思ったらまた突如現れて!気配くださいっ、せめて気配を!」

「エチカくん、恐がりなのですね。」

「そうだよ!ぼくは恐がりだけど、シチュエーションにもよりますよ!鮫が突然目の前に現れたら、誰だって驚きます!」

「そうでもないですよ。わたしが現れてもビクリともせず、スイッと背中に乗って、シャークの森遊泳に出かけたひと、沢山しってます。」

「え?! ぼく以外にも、ここへ来たひとがいるってこと?!」

「です、ですよ。もうしょっちゅう~。ついこないだなんて双子が乗ってきて ・・・あれにはわたしも参りましたよ・・・」

「しょっちゅう~って、これ、ぼくの夢なのに?」(あ、そっか、夢だから…自作自演だ、ひとりじゃ心細いから、無意識のうちに同じ立ち位置の登場人物ふやしてるってこと? あ;あ;あ””っーーーーってか、なんかめんどっちぃ~、この意識と無意識の行ったり来たり!)

「そうですよ、エチカくん。きみ、けっこうめんどくさいです。」

「あなた、けっこう言いますね!っってーーーか! ぼくの心の声まで聞こえちゃってるの?!」

「もちろんです。だってこれ、きみの夢なんでしょ?」

「もうぉお!!!その件に関しては、もういいですっ!どっちみちアラーム鳴れば目覚めるんだし、ぼくもその背中に乗ります!」

「エチカく~~~~~~ん♪ そうこなくっちゃ!」


鮫の背中は、意外にも鮫肌ではなかった。
ほどよい低反発のクッションにおさまる心地好さ、とでも言おうか。
ひんやりとした風が、ジャスミンのような香りをふくんで鼻腔をくすぐる。

これだけ樹木が乱立しているのに、木立をスムーズに抜けていく遊泳力?がハンパない。まるで合氣道の達人並のしなやかさだ。流石は鮫?!飛行機のように揺れてムダに恐がらせることもなく、安定飛行。鮫って、本当はやさしい生きものなのかもしれない。


が、そう思ったのも束の間、ぼくの体は宙高く舞った。
急にトップギアに入った鮫が、あろう事かスピンしたのだ。


「うわぁああああああ==========================!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!」

「お~~~~~~~~~いっ♪ エチカく〜〜ん、楽しんでる???」

「 … … … 」

「エチカく~~~~~~~ん♪ これ、夢だから、きみのゆ~~~~~~めっ!」

「 … … … 」

「飛んで、飛んで~~~~~~~♪ フライはみんなFLYしたよっ!きみもフライ!」

ヒュゥ~~~~~~~~~~~~~~~~~っ、バサッ! ビュ~~~~~~~~~~ンっ√√√  ドゥスっ√

「あーりゃりゃ、こりゃいかん!」



「痛ってっーーーーー! イテテテ++++++;;;」

「フライはみんなFLYできたのに、人間すべてが飛べるわけじゃないのかな?」

「何言ってっすんか!!! はやく助けてくださいよぉ〜〜〜」

「きみ、もう助かってますよ。ほら、フィッシングキノがきみをキャッチしてくれましたよ。」

「えっ?! えっ============????????!!!!!!!!!!!」
「まさかぼくっ、キノコに釣り上げられてんの?!?」

「そうです。きみほら、見てたじゃない、幼いころに〜。『化鳥』のワンシーンですよ!」



菌糸のような極細の釣り糸で命を繋がれたぼくの体は、張り出した木の枝に引っ掛かりゆっさゆっさと揺れていた。 眼下には、シイタケの笠のようなものをアタマにつけた、正にキノコが! 河原に並んで釣りをしている。
それは鮫の言うとおり、ぼくが幼いころ大好きで、何度も何度も繰り返し見ていた、泉鏡花の絵本のあるページそのものだった。


「まったく大人って、フライじゃないですねー。」


次第に分かってきたが、鮫はどうやら独特の言語体系を持つようだ。ときどき謎掛けのようなフレーズを吐く。あるいは、まったくのデタラメなのかもしれない。ぼくの知ってることが、それを謎掛けと認識させてしまうだけなのかもしれない。
それでも、〈フライ〉とはつまり、子供を意味すると同時に、〈イカすぜ!〉との意味で使われてるのは間違いないようだ。
つまりぼくは、イカしてない、とディスられてるわけだ。


「フライじゃない、って!飛べるわけないでしょ!」


ようやく釣り針から解放されたぼくは鮫に噛みついた。その声音があまりに強かったせいか、鮫が一瞬、萎縮したように見えた。ぼくは小さい頃から、恐い思いをすると声が異常に大きくなる癖がある。上司にプレゼンの詰めの甘さを指摘された時もそうだった。強い音量で食ってかかり、傷つきたくない弱い心を防御した。
たしかに、イカしてない。


「フライたちはみ〜んな飛びましたよ。よく来るんです、フライはこの森に。」

「つまり、ぼくとそこらのガキたちは、同じ夢を共有してるってことなんですか?!」

「エチカくん、夢にこだわるの、そろそろ止めてみません? さっき、じぶんでも実感してじゃない、めんどくさいって。」

「ま〜ね。誰の夢かにこだわって疲れるくらいなら、おしゃべり鮫の誘導に乗って楽しんだ方が目覚めがいいかもしれない。」

「そう来なくっちゃ!」

「じゃ、飛び方、教えてください。せっかくだから飛んでみたいですよ。」

「エチカくん、飛び方よりも、飛ぶときみが決めることだよ。あるいは、飛べるじぶんを認めることだ。そしたら飛び方は自ずと拓かれる。」

「飛べるじぶんを認める? 自ずと拓かれる???」

「しかしね、フライはそんなこと考えもしないんだよ。 なぜなら、飛ぶこととボディを分けてはいないからね。血の匂いとがぶりが同時なように。」

「また出た!同時!」

「そ。同時であることに気づくことが、飛ぶ鍵だよ、エチカくん。」

「もう!あなたと話してると、時々思考がコンフュージョンします!」

「下手に思考を使うからだよ、エチカくん。飛びたい気持ちに合わせて、ただ飛べばいいのさ〜♪」

「飛べばいい、と言ってもね、なかなか恐いんですよ。でも…あれか、もしも河に落っこっちゃったら、五色の羽のはえた綺麗なおねえさんに救出してもらえばいいのか!? さっき、フィッシングキノに助けられたみたいに。」

「そうそう!記憶はそんな風にして使うといいんですよ、エチカくん。」

「幼少期の、あんなムダのような繰り返しも意外に役に立つんだな。」

「鏡花の世界を絵にしてくれた中川学氏に感謝ですね!エチカくん。」

「それは素直にそう思いますね。。。これが夢でも夢じゃなくても。ぼくの夢でも誰の夢でも。」

「エチカくんっ! フライ👍✨」


::::::::つづく

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後までお読みいただきありがとうございます♪

とっても嬉しいです💚
4

りおん ♡ 未来からの手紙

〈 書く 遊ぶ =採掘 〉note。アウトプットを続けることで何が出てくるのか、セルフマイニング?そんな実験です。 温泉と玄米と微生物、ロバート、若冲、ピクサー映画、音楽が好き♪

MIND OPERA

きみのリズムに踊ろう ぼくらは自由がいい
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。