とみにかめらんこらむ(1)

●テキスト/とみにか共和国

こんにちは。とみにか共和国という名で治安悪い系アイドルをしているとみにかちゃんです。
私はアイドルとしては珍しくDTMができて1から曲が作れます。なので自分の曲はだいたい自給自足しています。
クラブミュージックを下地にした曲が多く、あまり生音には縁がない人ですが、
今日はそんな私を支えてくれるDTMについて語りたいと思います。

DTMをはじめたいな♡って人へのエールと、
まず購入したほうがいいものを書きます。

DTMとは童貞ミュージックの略で極めれば極めるほど童貞メンタリティになっていく
人生を捻じ曲げるげに恐ろしき音楽制作方法です。主に必要なものはパソコンです。
もちろん他にもいろいろ揃えなくてはいけないので結構お金がかかります。
ハマればハマるほどお金が出ていきます。
また、1から曲をパソコン上で組み立てるわけでコードにメロディ乗せて作ってハイ終わりという世界ではなく
シンセの音作り音色選び音素材の加工を何トラックにもわたって行い打ち込みそしてそして…という
それはもう尋常ではない精神力を必要とするため大体の人が制作期間中は衣食住を犠牲にします。
童貞・金なし・心身共に荒む。モテるどころかまともな彼女ができるはずがありません。
心の拠り所はインターネットか、男性ならピンサロに行くか仲間と飲むか。
そこに三次元の可愛い女の子はいないはずだ。いたとしてもそれは儚い幻だ。Twitterでリプライを飛ばし合って終了だ。
「いや、俺DTMもしてるしかわいい彼女もいるけど?」みたいな人は黙っててください。そんなことは聞きたくない!そんなことはありえないと信じてなんとか正気を保ってるんだよ!二兎を追うものは一兎も得ないんだよ!!畜生!!
ちなみに女性である私は、学生時代は「漫研所属でゲーセンに入り浸り漫画を読み漁り2chに張り付き家に帰ったらDTM 好きなジャンルはハードコアテクノ 陵辱系男性向け18禁を読み漁る」という「本当にお前は女なのか?」というくらい女性ホルモンが足りない生活をしてきました。症状は人それぞれですが、女性の場合は肌ツヤが消え、男性への猜疑心が強くなり自信を失い自己肯定ができなくなるという副作用が主に見受けられます。最悪の場合「女性なのに童貞くさい」と言われるようになります。オナニーはローター派ですか?シャワー派ですか?指は使いますか?
モテと音楽を両立させたいなら黙ってバンドを始めましょう。MTRは買っちゃダメだ。あれは童貞力を1000上げる。
レコーディングやミキシングは童貞に任せていればいい。3ピースバンドでギターボーカルをはじめましょう。清潔感を保つのは忘れずに。
もしくはDJもよい。手っ取り早いのはアイドルDJ界隈に媚びることです。
理由は必然的に盛り上がる選曲ばかりになるので女の子がとっつきやすいからです。

…それでもパソコンで曲を作りたい人、いないとはおもいますが
人を童貞に作り変える恐ろしい音楽制作方法だと知っていてもDTM(童貞ミュージック)がやりたいのであれば
せめてはじめるにあたって必要なものを記しますので、あなたの今後に役立てていただければと思います。

※私は基本的に家で録音をしないので録音機材は省きます。

DTMとはパソコンで音楽制作すること自体を指すと思ってくれていいです。
自分が惨めになって自殺しかねない状況までいかない程度の最低限のクオリティを保証するためには何が必要なのでしょうか。

1.パソコン
当たり前ですね。これがないと何も始まりません。メモリ4MB以上のものを買いましょう。
トラック数多めのを作りたい場合は8MB以上に拡張しておくといいです。私は10MBです。
OSはMac/Windowsどちらでもいいですが貧乏ならフリーソフトの多いWinのほうが後々便利かもしれません。
もっと言うと自分でオーダーするタイプのBTOのパソコンのほうがスペックを発揮しやすいです。
私はMacBookProです。

2.オーディオインターフェイス
音を良くするやつです。買ったほうがいいです。細かい部分までモニタリングする際に必須・・・なのですが、
私のやつ、壊れてから、つかってな・・・。(Presonusの12000円くらいのやつ。乱暴に扱ってたら壊れた。)
5000円程度のもあるけど絶対に10000円以上のものを購入してください。
すぐ壊れる・ノイズがのる・純粋に音がよくないなど失敗談しかききません。

2-7万あたりの価格帯はほぼ音質に差はなく、8万円台あたりからまた音質が良くなりだします。
お金に余裕のある方は下手に中途半端な価格帯のものを買うよりも、思い切って10万近くのものを購入したほうがいいと思います。

基本的にどの価格帯のものでも購入するとDAW(後述)のLE版というちょっと機能が制限された廉価版が無料でついてきて、
すぐに楽曲制作がはじめられます。初心者の方は廉価版でいいと思いますが、
個人的には宅録メインというわけではない限りすぐに最上位版にアップデートすべきだと思っています。
機能はつかっていかないと手に馴染まないので。

3.ヘッドホン
乱暴に扱ってたら壊れてからイヤホンでやってt・・・。
2000円くらいのイヤホンでやってみての感想なんですが、絶対にヘッドホンは必須です。
私がいうんだから間違いないです。イヤホン、ダメ、絶対。これも最低10000円以上のものを使いましょう。DJ用じゃなくて出音がフラットなものを使用しましょう。

SONYのMDR-CD900STというヘッドホンが最も有名で業界標準でポピュラーでみんな使っていて私も使っています。

4.DAWソフト
ダウと呼ぶ人が多いです。これもないと何も始まりません。パソコン上でこのDAWというワークステーションを立ち上げます。
パソコンで制作するというよりDAW上で制作するというのが実は正しいのですね。
無料のものもありますが正直使いづらいです。あと有名なDominoはMIDIシーケンサーの為オーディオは扱えません。
購入したほうがいいです。
最上位版の場合3万〜7万が普通です。
Mac限定ですが、Logicは安いですよ。

DAWはいくつものメーカーから発売されていて、種類が豊富です。
安いものではないし、バージョンアップの流れもはやいので最初の選択は本当に重要です。
Win→Macに買い換えるみたいな性転換レベルのことがないと、結局そのままズルズル使い続けてしまうからです。
私が使ったことあるものだけ紹介していきます。

・SONAR
Win限定。最初にこれ買って挫折する人が多いです。(私も最初にSONARでした)
ただミキシング(音を整理する作業的な…)はかなりやりやすく(画面が見やすいのと機能が豊富)
良い音に持って行きやすいです。
ミキシングだけSONARという人もいるくらいです。
SONARはディスるとSONAR教教徒の人が怖いからこの程度にしとこ・・・

・AbletonLive
バンド畑の人には馴染みがないけどクラブミュージック畑の人にはかなり浸透しているAbletonLive。音が悪いと専らの評判です。
クラブミュージック独特のループ(反復するビート)を作るのに特化したちょっと特殊なDAWなので慣れるまでに時間はかかりますが
慣れるとすごいはやさでループが作れるようになります。
あとLiveの利点は内蔵サンプラー(ググれ)やエフェクター(ググれ)です。オーディオスライス(ググr)も一発で出来て本当に優秀です。
ただミキシングが死ぬほどやりづらいという欠点があります。
この辺は愛で皆さんカバーしてらっしゃいます。愛大事。ほんと愛大事だよ。愛は地球を救うんだよ。

・Cubase
中田ヤスタカが使っているらしいことで有名でみーーーんなが使ってるみんなの大正義Cubase。これ買っておけば間違いはないです。
理由としては全てをキーボード操作のみで完結することが可能なため。マウスぽちぽちしなくていいんですね。(ヤスタカはトラックボール使ってるらしいけど…。)あとは音がいいとか、みんな使ってるから使い方もググればすぐ出てくるとか、互換性も高いとかCubaseで動かないVSTプラグイン(後述)がほぼないとかMac/Winどちらでも動くとかコードを付けてくれる機能があるとか内臓音源が豊富とかとかとかとか

・・・でもさあ、みんな結局Cubaseがいいとしか言わないじゃないですか。Cubaseは良いです。良いDAWなんですけど。
だから私の周りのDTM初心者はみんなCubaseなんですが、それは寂しいなと思っているんです。

そんな私のおすすめは「StudioOne」です。
私のメインDAWです。もうこの子しか使えません。Cubaseばかり評価されてるが悔しいのでS1(略称)がどれだけ優れているかを述べます。

「俺のS1が可愛い理由」
・そもそもS1はCubaseの元エンジニアが開発したものです(喧嘩別れしたとかなんとか)
なので、Cubaseの欠点「複雑で雑多」なところが解消されています。

・デザインが可愛い。青と銀で統一されているのがそそられる。あと、1つの画面で全部収まるように作られていてシンプル。わかりやすい。

・ドングル(PCに挿し続けるUSB。これがないと自分のDAWであることを証明できない。)がいらない。
S1は一度アクティベート(ググれ…)してしまえばそれで終わりです。USBなんてなくすでしょ!?普通無くす。私がだらしないだけ?
いいやそんなことはない!
友達はドングル無くして阿鼻叫喚でした。再発行も面倒だし。可哀想だった。

・軽い!私はレンダリング(ググr)なしでトラック数200を超えそのままマスタリングまで行くことがあるくらい
DAWに対してサディステッィクな人間ですが、基本落ちない。滅多に落ちない。ここまで落ちないDAWは確実にS1だけです。

・速い!読み込みが速い。処理が速い。比べてみると一目瞭然

・オーディオの扱いが楽極まりない
タイムストレッチ(Alt+クリック)・トランスポーズ(左下の画面から)・クオンタイズ(Q)・逆再生(⌘+R)などなどワンタッチで行えます。
レンダリングもワンタッチでMIDI⇄オーディオの差がほぼないも同然レベル。
また、SampleOneという内蔵サンプラーが神がかって使いやすい。
とにかくオーディオの扱いに関しては右に出るDAWはないんじゃないか・・・。(ただクオンタイズに関してはCubaseのほうが精度が高く、S1はどうしても音質の劣化がありますね。)

MIDIが打ち込みづらいという情報もあるけど私は気になりません。
とにかくS1はいい。S1はいいぞ。みんなCubaseもいいけどStudioOneにしよ?ね??

最後に私の独断と偏見による童貞力が高いDAWランキングトップ3を発表します。

1位Singer Song Writer
2位FLStudio
3位SONAR

5.ピッチ補正ソフト
歌物を扱うなら超必須ピッチ補正ソフトですが私はお金がなくて・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(そんなんばかり)
中田ヤスタカはAutoTuneをつかっていることで有名で一時期オートチューン芸人などと揶揄されていましたが
基本的に補正ソフトはなくてはならないものです。

歌声とは、バッシバシに加工してこそなのです。みんなが聴いてるCD音源のほとんどが、たとえケロケロでなくても原型をとどめないまで加工してます。そういうものです。歌声の扱いのみで一冊分厚い本ができるくらいです。歌物やるなら絶対買ったほうがいい(とわかっているのでお金貯めてるなう!)

一応私はMelodyneの廉価版(S1にLEが無料でついてきた)を使用しています。
Melodyneは歌声に限らずオーディオをMIDIのように扱えるのでおすすめです。

とりあえずまあこんなところでしょうか。
いや、DAWに無料でついてくる内蔵音源ではいい曲はつくれないのでソフトもしくはハード音源は購入すべきだし
サンプル探しにもお金はかかるし、音色の加工とか、ミキシング、マスタリング…

これじゃあまだまだ環境は揃っていないです。
次回はもう一歩踏み込んだ内容をお届けします。

それでは!

【とみにか共和国】

薬・性・暴力が蔓延するスラム街とお洒落なネオン街の貧富の差を体現する
治安悪い系アイドルとみにか共和国の大統領とみにかちゃん。
作編曲家・キーボーディスト・DJ。でもアイドルとして売れたいっ!

5/25に新アルバム発売♡
これまでのとみにか共和国とは一味違うアルバムになるよ。
それに伴い発売イベントを行います。

5/25 東京354CLUB(渋谷駅徒歩5分 東急ハンズへの方向)
OP/ST18:00
予約当日共に¥2000+1D

DJ5点
イロハマイ
岬たん
ぜら
恋するBEAT
かちあげガールズ
とみにか共和国

会いに来てください♡


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

closer_note

とみにか共和国

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。