金子麻友美のコシタンタン(7)

テキスト・写真/金子麻友美

私はアイドルさんの曲なども書かせて頂いていますが、
自身がアイドル好きのため、現場(アイドルのライブのこと)にも足を運びます。
そこで当時、一番驚いたのは「チェキ」という文化です。
これは、インスタントカメラの「チェキ」で、
アイドルと自分のツーショットなどの写真を撮影する(約500~1000円)という物販です。

この「チェキ」は、物販として非常に優れているところがいくつもあります。
まず、アイドル側のメリットとしては、フィルムと本体さえあれば、物販ができること。
業者へ何かを発注したり、膨大な時間をグッズの制作に費やす必要がなく、在庫リスクもとても低いです。
そして、「毎回」この物販を買って下さるお客様がとても多いこと。
他の商品のように、一度買ったらもう2つ目はいらない、ということがないのです。
一方、お客様側のメリットとしては、その日でしか味わえない、オンリーワンの商品であること。
写真に日付が入れば、その日限りのプレミア感が発生するし、アイドルの衣装は日によって違うこともあります。
何より、インスタントカメラの写真は、複製することが出来ない、自分だけの1枚なのです。

さらに、私が感心したのは「預けチェキ」です。
これは、その日に撮った「チェキ」をその場で受け取らず、アイドルに預けておいて、
次にその「チェキ」を受け取るまでに、アイドルにサイン・落書き等をしておいてもらうというものです。
(アイドルによっては、追加で500円などのお金が発生します。)
このシステムのすごいところは、お客様が次回以降もまた、ライブに足を運ぶことが前提となっている点です。

「チェキ」のすごさを知った時、
アイドルの物販とは、なんとクリエイティブで、収益も効率的で、そしてファンも楽しいものなのだろうかと思いました。

この経験から、私は自分でも、何か工夫をした物販を出来ないだろうか? と、考えるようになりました。

そこで2年前に始めたのが「カセットテープサービス」。
これは、初回に、1曲が吹き込んである30分カセットテープを500円でご購入頂きます。
その後はライブに来て頂く度に、そのカセットを持って来て頂ければ、
そこにテープの分数が許す限り、新しい曲を吹き込んでいくというアイデアでした。
ちなみに曲は、ラジカセで1回1回歌うので、皆さんに必ず違うテイクのものが吹き込まれます。
カセットは真っ白いものにして、そこに落書きをすることで、スペシャル感も出しました。
これで、1人に1つだけのプレミアムなグッズになると思いました。

しかし、結論から言うと、この「カセットテープサービス」は、全く浸透しませんでした。
短いライブのMCの時間で説明するには、仕組みが複雑すぎたことや、
カセットテープを再生できない環境の方が、思ったよりもたくさんいらしたこと、
そもそも当時の私のライブが月一ペースだったため、一度カセットを預けたら返ってくるのが2ヶ月後くらいになってしまうこと、
など種々の要因が絡み合い、この試みは1年くらいでしぼんで終了しました。

しかし、私はその後、新たな物販のアイデアを見つけました。
それは「あなたにぴったりCD-R」というものです。
1年前ほど、私は「1日1曲」曲を作っていた時期がありました。
長くても1分程度、短いと10秒くらいのその曲達は今、約60曲くらいあります。
その曲の中から、お客様のリクエストに合わせ、1番ぴったりの1曲を選び、そのCD-Rを200円で販売する、というものです。
「預けチェキ」を参考に、CD-Rの盤面も手書き、ケースも手作りの封筒風で、
表にはその日の日付やサインと、長めのコメントをお入れして、その日にしか手に入らない品にしています。
こちらは「カセットテープサービス」よりだいぶ好評で、お客様にも少しずつ浸透しつつあります。本当にありがたいことです。
「チェキ」のように、毎回のライブのちょっとしたお土産になれば、と思っています。

でも、もっと新しくて素敵な物販のアイデアや、ライブの特典などは、いつも考えたいと思っています。
そしてその中心に、いつも必ず「音楽」があるようにしたいと、強く思っています。

◆あなたにぴったりCD-R例◆

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

closer_note

金子麻友美

1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。