西加奈子(2011)『うつくしい人』幻冬舎文庫

再生の物語。関与というよりは不関与によって人がひとり元気になるお話。どこかに希望を求めている社会の空気を取り込んで吐き出したような内容で、要求を受け入れてくれる母性を感じさせる作品。

小説って登場人物の絵がないからこそ読まれつづけるところがあるよなと思ったのと、関与が下手なのに好きな自分にはとても胸に刺さる、頭のいたい物語。ああ、離島のホテルにでも行きたいな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

clryk

書評

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。