岸見一郎・古賀史健(2013)『嫌われる勇気:自己啓発の源流「アドラー」の教え』ダイヤモンド社

うーん、各人の具体的状況に沿えるわけではないので、記述がどうしても中途半端になってしまうのだろうか。内容をまとめると、「意志の力で支配する」ということ。

ある思想があったとして、それを抱くことは実は珍しいことではなくて、でも、いつなのか、だれなのか、さらには文章の形で記し出せたかによって、その社会的価値が大きく変わるというのがもどかしい。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

clryk

書評

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。