トルストイ著=木村浩訳(2012)『アンナ・カレーニナ(上)』新潮文庫

愛と人間生活の物語である。仕事と家庭と、夢と現実と、そして希望と絶望の美しいまでものコントラストに胸が苦しくなる。頭では分かっていても、心が動くのは止められない。世界と人間とはそんなものであるし、そんなものではないとも思わせてくれる。

生活はまだ連綿と続いていく。これから先どのようなことが起きるのであろうか。分からないけれども、少し楽しみにしておこう。(中巻に続く)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

clryk

書評

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。