住野よる(2019)『麦本三歩の好きなもの』幻冬舎

生きていく勇気がもらえる一冊。生活するにあたっての、いつもの自分の一つ一つの行動が肯定されるような、そんな感覚にさせてくれる。明るい楽しい平凡な日々の強くしなやかな我々みんな一人一人の物語。

きっとどんな人間でも外見と内面には差があって、口には出さない思いがたくさんあって、色んなドラマの原因になるそうしたひみちゅが少し読んでいてじーんと来たりした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

clryk

書評

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。