窪美澄(2012)『ふがいない僕は空を見た』新潮文庫

人間はどうしようもないほどに、どうしようもなくて、それでも毎日を生き続けている。食べて、寝て、交わって。美しい毎日を生き続けていく。そんなリアルを描いている。

これほどまでに人間臭く描かれたならば、それはもう汚いとか綺麗とかの話ではなく、ただただ現実の色でそこに横たわっているようなものだ。全てを受け容れて次に歩みだす、その背中を押す一冊。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

clryk

書評

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。