《教職員向け》多様性から目を背けない学校環境のために

 2018年10月17日に埼玉県高等学校図書館研究会に呼んでいただいて、「多様性から目を背けない学校環境のために」というタイトルで講演をしてきました。以下が、講演の内容に加筆修正したものとなります。
 実際の講演ではもっと余談やプチエピソードなどがありましたが、必要なもの以外は省略しています。(必要じゃない話をしたのかよというツッコミはなしで……w)

この記事は有料記事です。有料にする基準は「ターゲット読者層が研究者や活動家、その他の安定した職に付いている人であること」です。研究者や活動家でも非常勤講師や臨時職員だったり、個人の持ち出しで活動してる人などは、 chicomasak@gmail.com までご連絡頂ければ無償で内容を送ります。

 みなさんこんにちは、講師のマサキチトセです。
 プリントのプロフィール欄にこれまで書いた文章のタイトルが並んでいます。それぞれのタイトルからもおわかりになると思いますが、私は「複合差別」と呼ばれるものに大きな関心をもっています。
 複合差別とは、例えばLGBTと貧困だったり、LGBTと民族差別だったり、LGBTとセックスワーク ——いわゆる「売春」「買春」「援助交際」——だったり、単一の軸で説明しきれない差別の問題のことです。

 プロフィールにはさらに〇〇大学とか〇〇大学院とか書いてありますが、皆さんにも子供の頃があったように、私もかつては栃木県佐野市の〇〇中学校に通うバイセクシュアル当事者の生徒でした。
 幸運なことに学生当時はそんなに悩みを抱えてはいなかったんですが、やはり当事者としてこれまで生きるなかで、たくさんの嫌な思いをしてきました。
 その中の一つで強烈に覚えているのが、成人式で再会した部活の顧問に「よう、これになったか?」と手の甲を反対側の口の端に当てるジェスチャーをされたことです。

 体が熱くなるほど怒りを感じました。

 今でも「この野郎だけは絶対に許さない」と今でも思っていて、いつか名指しで告発してやろうと思っているんですが(笑)、同じようなジェスチャーって、他の人からもたくさんされたことあるんですよ私。例えばいま私はお店をやってるんですけど、そこのお客さんにされることもあります。
 でもまぁ、鼻で笑って済ませられるくらいには慣れてるんですね。
 もちろん慣れてるということはそれだけ傷ついてきたということでもありますけれど、じゃあどうして部活の顧問にはあんなに強い怒りを感じたんだろう、と。

 それで、気づいたんです。
 私、中学校のときからその先生は嫌いだったんだって。
 はなっからその人のことを信頼なんてしていなくて、だからあんなに怒ったんだって。

LGBTQの生徒が持つ不満とは

 学校で教職員にどんな不満があったかというのを以前ツイッターでLGBTQ——Qは「クィア」という言葉で、LGBT以外の多様な性のあり方を含めた総称のように使われることがあります——の人たちに聞いてみたことがあります。

 そうしたら、こんな回答が返ってきました。

・「女らしさ」「男らしさ」を前提とした発言
・カップルの話を当然に男女の組み合わせで話すこと
・男女同士の生徒が仲良いと「微笑ましい」、同性同士だと「心配」扱い
・「自分は理解がある」と思ってる人からの理解のない(浅い)発言
・性のあり方をからかわれたり、無理解をぶつけられたりしたときに、「中立」の立場をとるなどして自分を守ってくれないこと

 ほかにも色々な不満があると思いますが、ここで興味深いのは、性に関する部分をほかのことに置き換えても、「ああそれは嫌だよねえ」と思えるようなものばかりだということです。

 たとえば障害を持つ生徒が「障害者らしさ」を前提として話をされたら、いい気持ちはしないでしょう。
 家庭が貧困であることをからかわれたときに教職員が中立ぶって「お互いさま」扱いをしてきたら、納得できはしないでしょう。
 シングル家庭の生徒は、当然に「お父さんとお母さん」の組み合わせで保護者の話をされたらイラっとするかもしれません。

 あるいはほかのことに置き換えなくても、「女らしさ」を前提に話をされたら、LGBTQではない女子生徒も嫌な思いをするのではないでしょうか。
 自分自身がLGBTQでなくても親が同性カップルだったり親友が同性愛者だったりしたら、異性愛を前提とした発言に傷つけられることだってあるでしょう。

 つまり、多くの場合LGBTQの学生が教職員に持つ不満というのは、「LGBTQだけが傷つく」「LGBTQだからつらい」という性に特化した不満というよりも、どんな生徒でも嫌だなと思うようなことがたくさんある中で、LGBTQだと「なおさら」追い込まれる可能性が高くなるものがある、という風にとらえるといいのかもしれません。

 LGBTQ以外にも「なおさら」を作り出す要因はいくつもあります。
 親が移民だったり、障害があったり、女子だったり、日本語に慣れていなかったり、シングル家庭だったり……。
 こういう「マイノリティ属性」があると、嫌なことは「なおさら」攻撃力を増して生徒に重くのしかかる、というふうに理解するといいかもしれません。

「LGBTを理解する」vs「LGBTと向き合う」

 最近は「LGBTを理解する」という表現を使って、行政や企業で様々な研修や講習が開催されるようになりました。
 理解しようとすること自体は、とても素晴らしいことだと思います。そういう人がどんどん増えて欲しいと私自身思いますし、自分が子供のころにそういう大人がたくさんいたらよかったなとも思います。

 でも、「LGBTを理解」すれば、さっき話したような不満は解消されるでしょうか。

 教科書的なベーシックな知識として、たとえば「Lはレズビアン、Gはゲイ、Bはバイセクシュアル、Tはトランスジェンダー」とか「性的指向と性自認は別のものです」とかがあります。
 こういったことを全て理解したうえで、それでも、性のあり方をからかわれている生徒がいたときに中立の立場を取ろうとする先生なんてのは、容易に想像できます。

 色々な用語を覚えること自体は否定しませんが、そもそも、名前があってそこに人が入るのではなく、もっとぐちゃぐちゃに色んな人がいて、それを区切って名前をつけているというのが実際のところですよね。
 教育の現場で働く皆さんは当然日々の業務を通して理解していることと思いますが、「色んな子がいる」というシンプルなことです。
 性のあり方は、そういう「色んな」の一要素だということです。

 だから、今回こうして私がお話ししていますけれど、一番生徒のことをわかっているのは現場で生徒を目の前にして働いている皆さんですから、今日の話も、現場のことを常に考えながら、普段目にしている「色んな子」の顔を思い浮かべながら聞いていただけたら、嬉しいです。

 だって、何か知識を得ることだけで誰かを理解しようとするのは、なかなか難しいことだと思いませんか。
 勉強して理解したことは、ひとりひとりの生徒には適用できません。
 本当は生徒と向き合うことがまず最初にあって、そのために必要ならば調べたり、勉強したりするというのが本来の順番だと思います。

 ところが最近は、LGBT研修を受けた人全員に「アライバッジ」というものを配っているところがあったりします。
 アライというのは、当事者ではないけれど支援する立場の人のことです。
 数年前にLGBTQのパレードで、「あなたはLGBTを応援していますか」程度のいくつかの質問にYESと答えた人全員に、免許証のような「アライセンス(アライ + ライセンス)」を発行したブースもありました。

 アライバッジにせよアライセンスにせよ、与えることによって相手に「アライなんだから、支援しろよ」とプレッシャーをかける効果はあると思います。けれど、ずいぶん条件が緩いなあというのが私の感想です。
 アライセンスを見せられても、逆に私は警戒してしまうと思います。

 こうした表面的な支援表明というのは、私のように歳を重ねていれば「警戒する」程度で済みますが、そもそもなぜ警戒するのかと言ったら、これまでの人生で何度も何度もそういう表面的な支援表明をする人に傷つけられ、裏切られてきたからなんですね。

 そもそもアライというのは、周りの当事者が「この人は応援してくれてるな」と感じるところがスタートだと思うんです。
 逆に、基礎的な知識を頭に入れただけで「私はわかってる」と思ってしまったら、その瞬間にこそ、その人はアライであることを放棄することになるのではないでしょうか。

 それにアライにあたる人だって、一生懸命勉強したことが否定されたらすごくつらいですよね。
 生徒主体ではなく自分の知識をつけることを優先してしまうと、「LGBTを理解している自分」がとても大事に思えてきてしまいます。そんな自分が壊れるのが嫌で、当事者に嫌われたり反論されたりするとつらくなってしまったりします。

 その結果、「じゃあもういいよLGBTなんて」と諦めてしまったり、逆に「自分はもっと知識を得て、当事者を傷つけない模範的なアライになって、LGBT当事者に好かれなければ」という風に自分を追い詰めてしまう場合もあるでしょう。

 でもそれでは、誰のために勉強したのかわからないですよね。

じゃあ特にLGBTQのことは勉強しなくていいの?

 こういう話をすると、結構多くの人が「じゃあやっぱ別にLGBTの知識は必要ないんですよね。性も生徒それぞれの個性だし」という反応をします。
 でも、それではダメだということを説明させてください。

この続きをみるには

この続き:8,974文字/画像2枚

《教職員向け》多様性から目を背けない学校環境のために

マサキチトセ(ライター)

900円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

この記事を読んで良かったと思ってくださったら、ぜひサポートをお願いします。(※サポートを生活費に充てることで、より多くの時間を執筆や制作にかけることができるようになります。どうぞよろしくお願いします。)

ありがとうございます!ぜひシェアもお願いします><
25

執筆物・講演録ほか

これまでに書いたものの転載や紹介、話したことの記録など。 すべてのリストは http://ja.gimmeaqueereye.org からご覧いただけます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。