僕らの見ている未来

賛成する人がほとんどいない、大切な真実はなんだろう?
この逆説的な質問がどう未来にかかわるのだろう?
突き詰めて考えれば、未来とは、まだ訪れていないすべての瞬間だ。
でも、未来がなぜ特別で大切なのかといえば、それが「まだ訪れていない」からではなく、その時に「世界が今と違う姿になっている」からだ。
Peter Thiel

これからどんな時代が来るのか
・あらゆるものがインターネットに繋がる時代
・データが資源になる時代
・ネットがリアルに染み出す時代
・5Gになり大容量のデータがストレスなくやりとりされる時代
・個人とデバイスが同化する時代
・ロボットが単純作業を肩代わりしてくれる時代
・AIが意思決定までしてくれる時代
・非言語の時代
・人が特定の組織に縛られない時代
・情報の格差がなくなる時代
・お金の価値が下がる時代
・暇が増える時代
・生きる意味を探す時代
・高齢者が増える時代
・医療が革新される時代
・100歳まで生きる時代
・新たな移動手段が生まれる時代
・距離の概念が変わる時代
・エネルギーが変わる時代
・ゲノムが解明される時代
・宇宙が再び近くなる時代
・中国の時代
・環境問題が深刻化する時代
・食料奪い合いの時代
・分断が広がる時代
・・・・・

僕らの見ている未来
・5Gを皮切りに強靭な通信網が敷設されるネオブロードバンド環境
・誰もが快適に空気のようにインターネットに常にアクセスする
・個人は高性能でシームレスなデバイスを身体の一部のように駆使する
・人間のあらゆる行動はログデータとして蓄積されていく
・データによって個人への情報のマッチングは限りなく最適化される
・相互理解をもたらすコミュニケーションのデータ量は圧倒的に大きくなる
・これまでテキストや画像でコミュニケーションが行われていたものが動画(一部VR化されたそれも含む)による高速で効率的なコミュニケーションに置き換わっていく
・それは個人間のコミュニケーションに留まらずレガシーな産業のコミュニケーションを軒並みアップデートしていく
・そんな 動画時代 が到来する

どのように実現させるのか
・より効率的なコミュニケーションのために多くの場面で動画が求められる一方、そのコンテンツの供給が課題になる
・僕らはこの動画供給の課題をテクノロジーで解決 することで来るべき動画時代の到来を加速させ、より早く深く伝わる世界を創る

第一歩としての広告領域
・まずは 広告領域 をアップデートする
・これまでのテキストや画像(バナー)中心のコミュニケーションを動画にアップデートすることでより効果的な広告価値を創造する

僕らがユーザーに創造する価値
・観る人や観る環境(デバイスやプラットフォーム)に最適化された動画コンテンツ体験
・観る人や観る環境(デバイスやプラットフォーム)に最適化された動画広告体験

僕らが広告主に創造する価値
・効果的な動画広告ソリューション

ケイパビリティ
・効率的で効果的な動画コンテンツの供給力
・効果的な動画コンテンツのデリバリー力

テクノロジー
・クラウド制作環境(Vync、クリエイターマッチング)
・コンテンツ自動生成(SIMPLOT
・データ基盤

ノウハウ
・データに基づいた企画力
・データに基づいたコンテンツ制作力
・データに基づいた配信の最適化力

市場規模
顕在市場:インターネット動画広告市場2,000~3,000億円
潜在市場:テレビ広告市場2兆円ほか広告市場

広告領域の次
広告領域をアップデートの過程で得られたアセット(資産)を活かして別領域へ水平展開する

動画プラットフォームの展開イメージ
広告領域の動画アップデート
    ▶︎(アセットの横展開)別領域の動画アップデート
       ▶︎(アセットの横展開)別領域の動画アップデート

展開可能性のあるアセット
・動画コンテンツ供給のバリューチェーン
・顧客基盤/クリエイター基盤
・プロダクト
・データ

・効率的なコミュニケーションのために多くの場面で動画が求められる一方、そのコンテンツの供給が課題になることが想定される
・僕らはこの動画供給の課題をテクノロジーで解決することで来るべき動画時代の到来を加速させ、より早く深く伝わる世界を創る

僕らのミッション
動画の世界を変える。動画で世界を変える。

大事なこと
誰にバカにされても動画時代が来ることを信じて、それを自ら切り開くことを絶対に諦めないこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

10

Yuta Kamisaka

ViibarのFounder & CEO。ドキュメンタリー番組づくりと楽天を経てViibar創業。bouncy、Vyncなど。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。