だから、いつも三日坊主

やる気になっても、すぐに気持ちがしぼんでしまう人、いませんか?

・資格の勉強をはじめても、三日坊主でやめちゃう人
・習い事が続かない人
・転職先でやる気に燃えてるのは、最初の1ヶ月だけという人

なんでいつも続かないんだろうとため息をついている人、いますよね。

ズバリ、それはゴール設定を間違えています!

* * *

私も興味を持った通信講座に手当たり次第に申し込んでは、すぐに飽きて挫折していたので、よ〜くわかります(笑)

ビジネスパーソンたる者、会計くらいわかってなくちゃと一念発起して簿記の勉強をはじめたり、健康志向に感化されてジム通いをはじめたり、続いた試しがありません。「無駄なお金を使ったな〜」と悔いても後の祭りです。それもこれも、ゴールの設定方法に問題があったのです。

では、ゴール設定はどうすればいいのでしょうか?

* * *

「ゴール」というのは、実現したいことやそれを実現した状態を言います。それは、小さすぎても(すぐに実現可能でも)やる気が出ません。かと言って、実現がむずかしいゴールでも、それが「現状の延長線上」にあれば、これまたやる気が出ません。なぜなら、放っておいても(大して努力しなくても)実現しちゃうかもしれないからです。そして最も重要なのが、自分がやりたいことだということ。やりたくないことに、やる気など出ようはずがありません。誰に止められてもやりたいことだからこそ、力が溢れ出てくるんです。

たとえば、ゲームに夢中になっている子ども(大人でもいいですが)は、徹夜してでもステージをクリアしたいと母親に隠れて熱中することがありますね。親に隠れて夜通しゲームをするなんて、たいていの家庭ではバレて怒られるのでむずかしいかもしれませんが、子どもというのはなんとかして母親の目をかいくぐろうと躍起になるものです。あれこそ真に「誰に止められても実現したいゴール」です。

* * *

要するに、ゴール設定にあたっては、

①現状の外にあること(現状のままだと実現できないこと)
②心からやりたいと思えること

が必要条件になります。

もし人生におけるゴールを考えるなら、もう一つ「バランス」という視点が必要になります。なぜなら人生は、仕事だけでなく、家族との関係性や趣味、社会における役割など、いくつかの要素で構成されるものだからです。これらのすべてにおいてゴールを設定して、バランスよく実現しなければ、トータルで満足のいく人生にはなりません。

「ゴール」や「自己実現」というと、職業人生における目標のことだと思っている人が多いのですが、家族とどのような関係性を築きたいのかも人生の重要な要素ですし、何か極めたいと思っている趣味を犠牲にした人生は不満足以外の何ものでもありません。人生全体のゴールをバランスよく設定するように心がければ、自分の望むとおりの人生に限りなく近づいていくことができます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしてくださったら文字通り飛び上がってヨロコビます。そしてしばしサポートしてくれた方に思いを馳せて、じっくりヨロコビを噛みしめます。我にかえったら、このヨロコビを言葉にのせて次の文章に向かいます。一人でも多くの方が「絶対、最後にはうまくいくからね」と確信できることを願って。

わーい
2

まるごとホンネで世界を見たら☆

苫米地式コーチング認定コーチ。ライター。

まるごとホンネで世界を見たら☆

やりたいことだけやればいい。ホンネに正直に生きていい。〝自分が望むとおりの人生〟を生きよう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。