美しい青年とのお話

東京から京都にむかう新幹線のなか、とても美しい青年がのりこんできた。

身長は185cmくらいで、ゴールドがかった茶色の髪の毛。目はグレーとブルーの中間で、ちょっと神経質そう。
年はおそらくわたしと同じくらいかすこし年上。

なんだか貴族かエルフみたい!

そんな美しい彼は、わたしの隣にこしかけた。
どんなきっかけがあったか忘れたけれど、いつしか2人で色々な話をした。

セバスチャン「君が欲しいものはなに?」

あゆこ「自由かなぁ、常に色々な選択肢をもっていたい」

当時はそんなふうに自由を定義づけていた。

セバスチャン「僕は、権力かな」

あゆこ「...どうして?」

そのとき、“権力”がほしいときいて、なんだかとてもいやな気持ちがした。
また、「権力がほしい」なんて堂々と口にする彼を、暗黙のルールをやぶった異端者のようにも感じた。

“権力”じゃなくて、“お金”と聞いても、同じ反応だったのかもしれない。

大学生だった当時、権力ときいて、とっさに脳裏にうかんだのは、汚職でつかまった政治家、女性をはべらせたベンチャー社長、就活生を口説く面接官...そんな面々。

あゆこ「なぜ権力なんかほしいの?」

セバスチャン「え、君は権力がほしくないの?」

・・・ほしいとかほしくないじゃなくて、権力ってひびきに不信感がある。

あゆこ「それをほしがる人は、ちょっと悪い人が多い気がするから」

セバスチャン「ふーん、僕はスイス人なんだけど、もっとスイスをよくできるように思うんだ」「だから権力を手にしたい」

権力というより、権力者というものにネガティブなイメージがあるんだ。

本来権力というものは、そのものが汚れたものではない。お金もそう。

汚れているかどうかは、その使われ方に対する解釈だ。

そこから、彼はスイスの素晴らしいところ、一方で現在かかえている問題点、今後彼が達成したいスイスの有り様をたくさん話してくれた。 スイスの未来を語るセバスチャンは、既にわたしの中で素晴らしい政治家であった。

自分の視座のひくさを少し恥ずかしく思うと同時に、こんな素晴らしい青年と友人になれたことに感謝した。

彼の政治談義は徐々に熱をまし、もはやわたしにはリスニングできないレベルに達していた。いかにタイミングよく相槌をうつかということに、全精力をかける。

あゆこ「OK. あなたみたいな人が権力を手にすること、権力を欲することはいいことな気がしてきた」

彼ががんばって話してくれた、色んな歴史や政策の話はなにひとつ覚えていないけど、とりあえず最後はうまくまとめられた気がする。

確かにわかっているふりはしたけれど、発した言葉にうそはない。

セバスチャン「日本人で、僕のこういった話をきちんと聞いてくれた人は君が初めてだよ」
「日本人て政治の話、しないじゃない?」

そこから何が幸せか、どんな遊びが楽しいか、スイス人と日本人の違い、今後行ってみたい国、してみたい仕事についてたくさん話しをした。

セバスチャン「今度お茶飲みながらチェスをやろうね!あれ、面白いから」

あゆこ「そだね!詰み将棋しかやったことないけど」

そんなこんなで、彼は名古屋駅でおりていった。

エルフのような彼との会話の余韻に浸りながら、ふと思い返してみた。

なぜ、彼の口から“権力”ときいたとき、彼のことを異端者と感じたのだろう。
政治の話を声高にしている人をみたときも、似たような気持ちが生じるのは、なぜなのだろう。

そしてこういった話題を真剣に議論する場を、あえてさけてきていないかな。
友達とあったとき、学校であったこと、恋愛のこと、就職活動のこと、そんな話ばかりしている。

自分の人生の根本を揺るがすようなテーマ...たとえば政治、環境、信仰や宗教、gender etc..について、当たり障りない世論をなぞるだけでなく、またちゃかすことなく、マジメに自分の意見を話すことって、なんでこんなに怖いのだろう。

※※

こんな、もう5年以上も前のことを、ふと思い出した。
彼とはそのあと何度かメールのやりとりをしたけれど、彼は京都にくる機会がなく、私も名古屋にいく機会がないまま、いつしかやりとりは自然となくなっていった。

もう二度と会うことはないのかもしれない。

でもこの美しいエルフは、無意識に炎の影ばかり追っていた私を、洞窟の外に誘い出してくれたきがする。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

thank you as always for coming here!:)

8

co.ayu

My Sharing

色々なところから集めた色々な世界。最近は料理系noteからのシェアが中心です。

コメント1件

今のわたしがエルフだとすれば、吸血鬼だった時に吸い上げた血がよほど神聖で良質なものだったのでしょう。kirbymanさんをはじめとする関わってきてくださった皆さま、ごちそうさまです。目に映る現実は自分の意識のリフレクションだという考えがあり、これは自身の体験的理解としても正しいなぁと感じます。私の中に見出してくださった力や光は、きっとそれをみていたkirbymanさんの内にあるものを反射していたものかもしれません。これからも、自身の矮小さと同じくらい、自身の神聖さや光を大切にしていきたいと思います。素敵なコメントありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。