月刊「黒船」3月号

6
ノート

私たちは妻>夫の上下関係で生きている

きょうは
・わたしとパートナーの間には
・はっきりとした上下関係があり(わたしが上)
・それは男性とうまくやるための意図的なものであることや
・その理由について書きます。

断っておくと、感情や喧嘩で押さえつける恐妻ということではありません。
あえて定義するなら「師弟」「主従」なのです。
わたしを、パートナーのハンサム真木は師と仰いでいます。

目次 
1 一般的には対等な関係がよしとされているが

もっとみる

必ずしも親を大切にすることはない

きょうは
・いくら親だからと
・必ずしも大切にすることはない
という話をします。
そう聞くと、「え!?」と思う人もいるかと思います。
「親は無条件に大切にすべきなのではないの?」と。
もちろん、こころからそうしたい人はそうすべきでしょう。

しかし、一様にそうともいえないとわたしが感じるのはなぜでしょうか?

目次

1 生物学上、親を敬う意味はない
2 親なんだから大切にしないと、と苦しんでいる

もっとみる

一億総不平等社会がやってくる

きょうは
・これから一億総不平等(不均一)社会がやってくる
・わたしたちは2つの主義のミックスされた時代を生きる
・どうしたら備えられるか
ということを書きます。

目次

1 「コツコツやるのをやめることにした」という人
2 そもそも人間は不平等である
3 従来の団体の崩壊とブロックチェーン
4 2つの主義と生き方の自己選択
 4.1 ミックスされているからこそ不平等(不均一)になる
5 これか

もっとみる

大いに悩む私の、ごちゃごちゃする頭の中整理術

きょうは
・日常のイライラすることなどで
・あるいは事業に関するアイデアが出ず
・頭の中がごちゃごちゃしている人に
・おすすめのマインドマップアプリ
・おすすめのわたし流書き方をご紹介したあと
・あたまがごちゃごちゃしているときこそチャンスという話をします。

あなたは頭のなかがすっきりしていますか?
していないならそれはなぜなのでしょうか?
それをはっきりさせる便利ツール、マインドマップについて

もっとみる

私は「車椅子だからって差別しないで」とは1ミリも思わない

きょうは
・車椅子になって
・何度か外出を経験して
・「他人(特に歩くことができる人)と平等に扱って欲しいとは思わない」
と思った話をします。

目次
1 会社でも障害者を積極的に雇うことになっているらしい
 1.1 「嫌だと思っちゃったら嫌だよね」
2 「お荷物」という差別
 2.1 ハゲやブスも十分差別されている
3 会社が消え、個人同士が繋がる社会
4 やがてくる一億総不平等時代
5 差別上

もっとみる

大勢に見てもらえるものを作る時の思考術

きょうは
・当たる企画とは
・どうやって考えたらいいのか?
・多くの人にコンテンツを見てもらうためには
・どうしたらいいのかを
書いていきます。

目次 

1 当たる企画=人気コンテンツ作り
2 必要なのは足りないピースの模索
3 「他人の背中をどうかくのか」
4 やってみよう! かゆいところを探すワーク
5 提示する場所を考えよう
 5.1 Google検索でのキーワード選定にはこんなことに気

もっとみる