見出し画像

Minimalでチョコレート×お茶の新たな表現に出会うパフェ

東京は引き続き猛暑のお盆です。こんな暑い日は駅から離れたお店は足が遠のいてしまうもの。そんな日は夕方でも限定品が狙えるチャンスだったりします。今週の東京は、デパートで気になるスイーツ催事もあり、きっと皆さんの興味はそちらに向いているはず・・・ということで向かった先はMinimal 富ヶ谷本店です。

Minimal といえば、日本では最も有名なBean to barのひとつ。noterの皆様にとっては、こちらの記事でも名前を聞いたことがあるかもしれません。

チョコレートももちろん美味しいのですが、富ヶ谷本店だけで味わえる月替わりスイーツも素晴らしいクオリティなのです。毎日限定15食なので夕方には売り切れていることもしばしば。

7-8月は、チョコレート×お茶のパフェ。正確な名前は「南国のフルーツ、カカオの果肉を使ったチョコレートパフェ」というそうで、なかなか他では味わえないカカオパルプを使ったソルベが贅沢に使われているのが、真夏にぴったりのいちおしポイントのようです。カカオパルプを前にしては、「チョコレート」も「お茶」も脇役なのででしょうか??

オーダーすると、とてもスタイリッシュな黒いメトラーの上にグラスを載せて、丁寧にでもきびきびと、目の前で盛り付けてくださいます。冷凍庫や冷蔵庫にパフェの部品がトレイにひとまとめに入れてセットされている様子なども、個人的にはプロの仕事ぶりを感じられる萌えポイントだったりします(どうでもいいですね)。


できました。

上のトッピングは早速どける派です。どけるついでに一口かじりました。わざとニブの食感を残したチョコレートはフルーティ、グリッシーニのようなクッキーはパリンと硬い食感が爽快で嬉しいです。

上から順番に、緑茶アイスクリーム、カカオパルプのソルベ、チョコレートホイップクリーム、チョコレートアイスクリーム、チョコレートカステラ、グラノーラ、レモングラス緑茶ゼリー、カカオパルプソルベ、白いんげん豆、チョコレートソースです。

お茶のパーツのお茶は、渋谷にあるお茶やさん「GEN GEN AN」さんのもの。いずれも、研ぎ澄まされたシャープな香りがするのが特徴的で、お茶のアイスクリームもよくある抹茶アイスやほうじ茶アイスなどとは全く趣向が異なります。どちらかというと”お茶”よりは”ハーブ”というほうがイメージが近いかもしれません。青い香りが清々しいさっぱりしたアイスです。

カカオパルプのソルベは一口食べて、うん、おいしい、と思わず独り言を言ってしまいそうなレベル(実際言っていたかも・・・)。フルーツ好きな方には特におすすめです。ライチにちょっとだけ草っぽさを足して濃度を上げたような感じ、といっても想像できませんよね。これは、食べてみるしかないです!!

そしてそれらのつなぎの役目をはたしているのがチョコレートホイップ。このパーツだけでもどれでけ手が込んでいることでしょう。このホイップを使ったショートケーキをお腹いっぱいに食べたい!と謎の妄想をしながら、緑茶のアイスやカカオパルプソルベとまぜながらいただきました。いや、でも本当にケーキ食べたい。


次はチョコレートアイスクリーム。こちらは単品でも購入可能なアイスクリーム(2種類あるうちのFruityのほう)で、合わせるものによって味が何通りにも変化するように感じられる不思議アイスです。このパフェ中では比較的濃いチョコレートパーツですが、カカオパルプのソルベのフルーツ感を下支えしつつ、チョコ感を足す役割を担っています。


そしてここから下は玉手箱です!

夏のパフェ、特にアイスクリーム主体のパフェは溶けやすいのが難点。しかし、スタッフの方いわく、「溶けていくとぜんざいのようになりますので、ゆっくりお召し上がりいただいても大丈夫ですよ」とのこと。

レモングラスの緑茶ゼリーとチョコレートのアイスクリームが混ざると、すっきり系のチョコレートシェイクのようになりつつ、下から白いんげん豆があずき的に顔を出して、たしかにどこかエキゾチックな「ぜんざい」!!スプーンですくう一口ごとに偶然のバランスでいろいろな味わいに変化します。この白いんげん豆、ホクホクに炊けていてとても上品です。パティシエの丁寧な手仕事が感じられるお気に入りパーツでした。

ああ、おいしいな、というところで突然終わりを迎えてしまった(つまり食べきってしまった)のが残念なのですが、ざっくりアイス4個分も(!)入ったパフェはお腹もしっかり満たされました。

そして食べて気づきました。チョコレートやお茶のパフェから想像するパフェとは全然違いました。このパフェにおけるお茶はハーブのような位置づけで、主役はあくまでもカカオというフルーツなのですね。カカオ豆(チョコレート)もカカオパルプも存分に味わえる、夏らしさ全開のパフェでした。


価格は1458円。ちょっと早めの夕食ということで!!

こちらのパフェは8月いっぱいで終了。9月には梨をつかったパフェがいただけるそうですよ。また夏の間はかき氷の提供もあり、そちらは9月いっぱいまで。

Minimal さんでは、全8種類のチョコレートを試食可能です。今ある中ではSEASONAL「アサイーのような風味」というものがお気に入りでした。こちらもおススメしたい!!

また来月もパフェを求めて、行ってしまいそうです。

#beantobar #ビーントゥーバー #チョコレート #chocolate #東京 #パフェ #スイーツ #代々木公園 #グルメ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

9

Coco

★note 初心者 ★気まぐれ更新 No sweets, no life. 毎日お菓子を食べる生活の中で出会ったお菓子のことなど。 チョコレート、焼菓子、ときどきカフェラテ気分。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。