健康オタクここまできたら変人か?!⑦過去編

再び、発症。


私の頭の中には「なんで?」しかない。
だって、お医者さんに言われる通り、原因の「洗剤」には、触っていないし、なんとなく、そういった類の物を素手で触らなく、、、というか触れなくなっていた。

それくらい、初めて発症した時は病んでしまったから、恐くて触れなかった。

なのに、またもや、、、慌てて、皮膚科を受診。
今までの経緯を話すと、先生はパッチテストをしましょう!と言う。パッチテストと言っても、アレルギーが起こりそうな物には触れていないのに、何をテストすればいいのやら、、、?

とりあえず悪化しないように、処方された塗り薬のステロイド剤を2~3日、塗布していたら治まっていったので、ひと安心する。

、、、が、前に処方したステロイドよりも強い物に変わった。

この頃の私は、薬が身体を治すと思っていた。
薬は身体からのサインを、遮断し解決を先延ばしにする場合がある。
私もその「場合」に入る。
それでも、煩わしさから解放されるなら、それだけで良かった。

そんなこんなで、原因が解らないまま、騙し騙し薬を塗り、ひどくならないように抑えている感じだった。

いつの間にやら、薬漬け?(ある意味)
しかし、無くてはならない存在のステロイドと、別離できる時がきた。


念願のオーストラリアへ、旅立ちの日がやってきた!

色々な壁(主に親(笑))を乗り越えて、自力で勝ち取ったチケットを手に
いざ、オーストラリアへ♪


このオーストラリア滞在期間だけは、「手湿疹」に煩わしされることがなかった、、、のだが、、、。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この時の私を体質診断から診てみよう!ヽ(^o^)丿

湿疹が出た時点で、ピッタがかなり増加しているね~そこに加えてヴァータが増加する不規則な生活。前回言った通り、ヴァータを鎮静させ、お酒を控えれば、薬に頼らずとも緩和していたが、、、
でも、この頃は内的要因と知らずにいたんだから、仕方ない。(=_=)コマッタネ

身体は必死に訴えているとこに、ガムテープで口封じした、、、( ;∀;)ヒドイ

あとで、大きなしっぺ返しがくるよ~~~~~(ノωノ)コワーイ

オーストラリアへ行くことで、環境が変わったのは良い事だね(*^-^*)
日々のストレスと、何よりも不規則さとお酒の関係の悪さが修復されたんだね。

ん~…でも、別件がでてきたようだけど、、、( ゚Д゚)ドウシタ?

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。