毎月旅して生きていく 〜英語。お金。時間。言い訳だらけの人生はやめよう〜

『毎月旅して生きていく〜英語。お金。時間。言い訳だらけの人生はやめよう〜』
守岡裕志(著) 
執筆協力  戸田美紀(https://ameblo.jp/miki-coco/
期間限定価格 980円
電子書籍版 →楽天kobo版 https://a.r10.to/hfTEwV
      →kindle版  https://amzn.to/2zR3yxh
値上げを予定しておりますが、今なら980円で今後の更新含めてすべて読めます。

「英語ができないから、、、」
「お金がないから、、、」
「時間がないから、、、」

  
  
そんなことを言い訳にして、やりたいと思っていることに向かって行動できないことはありませんか?
   
普通のサラリーマンからダブルワークを経て、独立して自由に旅をしながら生きていけるようになった僕が、毎月旅をして生きていくために、「やったこと」「わかったこと」をすべて教えます。
   
  
このnoteを読んでいただければ、そんな言い訳ばかりの毎日から、どんどん行動に移して結果を出せる働き方・マインド・方法が学べます。

Vol.1 海外を視野に入れた働き方
Vol.2 毎月旅して生きていくことでわかること
Vol.3 毎月海外に行きながら日本でもビジネスを回せる仕組みを作る
Vol.4 毎月旅して生きていくための成功への道しるべ
Vol.5 おすすめのクレジットカードと、マイルの使い方

  
  
約20,000字。30分くらいでサクッと読めて、身に付きます。


  
いまなら期間限定980円。
ランチ1回分で今後のアップデートもすべて含まれています。

・どうしたら旅をしながら生きていけるようになるのか?知りたい!
・でも、、、。と言い訳ばかりして行動できない!
・仕事で圧倒的に結果を出したい!
・自分を変えたい!


そう思っているのなら、ぜひ読んでいただければ嬉しいです。

<目次>

■はじめに 

Vol.1海外を視野に入れた働き方

・常にダブルワークをしていた20代
・半独立後もダブルワーク、そして体調を崩して、独立へ
・ダブルワークに対する考え方
・どこの国でもマッサージ!それをビジネスにつなげる
・観光地には行かない、地元の日常の暮らしを見る
・アプリ、車、携帯、ウーバー等、使っているものを見る

Vol.2 毎月旅して生きていくことでわかること
・今まで行った国と良かったところ
 ・英語を話せなくても、海外は行ける
・国内旅行より、海外のほうが安いことも
 ・知っている人間がいないと、自分を出しやすくなる
 ・日本の良さを再確認できる ・日本に足りないところもわかる

Vol.3 毎月海外に行きながら日本でもビジネスを回せる仕組みを作る
・守岡の例 投資(金融、ビジネス)を意識した取り組み
・その他、海外でもできる物販、アフィリエイト、ノマド生活の事例

Vol.4 毎月旅して生きていくための成功への道しるべ
・「やります!」と宣言する・自分を崖っぷちに持っていく
 ・まずはプライベートを整える
・勉強のためのお金を惜しまない
・年齢が上がるほど、体調管理に力を入れる

Vol.5 おすすめのクレジットカードと、マイルの使い方

■おわりに

■はじめに

『毎月旅して生きていく~英語。お金。時間。言い訳だらけの人生はやめよう〜』を開いてくださり、ありがとうございます。

僕は今、企業の売上アップをサポートする仕事をメインでやっています。売上が上がらなくて困っている企業に、どうやったら売上がアップするのかを、こちらに丸投げではなく、一緒に考えていくというスタンスで進めています。
それとは別に、投資的な案件をいくつか持ち、WEBのメディアサイトを構築して広告収入を得たり、他の事業に投資もしています。あとは金融、仮想通貨の投資ですね。こちらは全て、どこに住み、どこで活動していてもできるものとして、大切に育てています。

 海外への旅は、独立をした2014年の10月からスタートしました。最初の目的地は、ベトナムのダナン。そこから、毎月どこかしら海外に行っています。ベトナムに行ったのは、ある方からビジネスツアーに誘われたことがきっかけでした。
最初は海外に慣れていなくて、英語も話せないし、経験もなかったので、飛行機のチケットの取り方を教えてもらうところから。それまで海外はツアーでしか行ったことがなかったので、自分で手配していくのは初めてでした。

毎月ペースで海外に行くことが続いたのは、たまたまでした。起業のスタート時から偶然、視察などに誘われる機会があって、半年を過ぎた頃から、「これは、続けたほうがいいんじゃないか?」と感じるように。「どこまで続けられるかな?」と思いながら、いまだに続いています。2018年は1月にヨハネスブルグとケープタウン、2月に韓国、3月と4月をまたいでクアラルンプール、5月はシンガポールとジャカルタ、6月がホーチミンとプノンペン、7月がマニラとパラワン島、8月はタイのバンコク、ホアヒン、パタヤ、チェンマイを回って、9月はシェムリアップに行ってきました。

この4年間で26カ国、62都市をまわりました。何回も行っている国もあります。仕事で行くとき、友人に会いに行くとき、観光で行くときと、目的は様々です。
なぜ海外に毎月行けるのか?どうやって行っているのか?それこそが今回お伝えしたいことです。海外というだけで、ハードルが高く感じる人も少なくありません。ですが4年間継続してきて、英語が話せなくても、それほど資金がなくても、実際に何とかなっていますし、楽しめています。海外に行くことは、さほどハードルは高くないことを、僕の経験を通じて知っていただけたら嬉しく思います。

この続きをみるには

この続き:20,450文字/画像8枚

毎月旅して生きていく 〜英語。お金。時間。言い訳だらけの人生はやめよう〜

守岡裕志(Hiroshi Morioka)

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。