見出し画像

今治タオルに神仕上げを!

 こころばせ大吟醸タオルはタオルの産地今治で織っています。糸強度を上げて織りやすくするために付けた糊やコットン繊維自体に存在している不純物や油脂によって出来上がったタオルは水を吸いません。

 そこで、精錬洗浄という工程でもって仕上げます。そうなんです。タオルの吸水性というのはこの仕上げの工程の良し悪しで決まるのです。また、きつい化学薬品で精錬洗浄をすると吸水性は上がりますが、繊維が痛み長持ちしません。

 では、こころばせ大吟醸タオルの仕上げはどうしているのか?

 タイトルの通り神仕上げを施しているのです。この神仕上げをしてくれているのが、今治でも名高い技術とこだわりを持つ(株)河上工芸所の三宅社長です。私とは20年来のお付き合いでもあります。

 西日本最高峰・石鎚山の伏流水(名水100選)と天然石鹸でこころばせ純綿大吟醸タオルは洗浄されています。合成洗剤は一切使用しません。さらに繊維中の不純物を取り除く精錬工程では、一般に使用する苛性ソーダや精練剤などの化学薬品は一切使用せず、天然酵素のみを使用。この酵素での仕上げによって糸を痛めることなく、柔らかく、吸水性の良いタオルが出来上がります。下図は天然酵母仕上げと化学薬品仕上げのパイルの形状変化の比較写真です。

 糸の痛みがとても小さいので、下の図で示す通り繰り返し洗濯でのパイルの劣化がとても小さくやわらかい風合いが長持ちします。使えば使うほどお値段以上の価値を実感していただけると自負しています。

 また、この大吟醸タオルは仕上がりに風合いをよくする柔軟剤も使用していません。いわば厚化粧のタオルではなく、すっぴん美人のタオルなんです。

 よくあるタオルのように買った時は柔らかいのに柔軟剤が落ちて来るとがっかりした風合いになることはありません。柔軟剤の力を借りなくても十分ふわふわ、吸水性を阻害する柔軟剤を使っていないから使い始めからグングン水を吸ってくれます。

 この神仕上げをもって、こころばせ大吟醸タオルは完成しました!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

やったー!
1

大窪裕美

素材から開発した「こころばせ」というブランドの商品をクラウドファンディングやECサイトで販売しているます。また並行して現在3社の企業さんの顧問のお仕事をしていて、商品開発やプロモーション、社員に繊維全般についての教育を行なっています。http://cocorobase.net

ビジネスやPR

新商品の宣伝や繊維ビジネスについての雑感を書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。