「ごめんね」より「ありがとう」

以前、こんな記事を書いたんですが、ついつい謝ってしまうところって、意識していても出てしまいがち。

この症状が出てしまう自分の心の状態って、どこかしら不安定なものです。

自分に自信がなかったり、人に助けを求めたくなったり、自分ひとりだとなんとなく精神的にしんどいなということが多いですね。

そんなときに自分のために何かしてもらったときも、なぜか「自分なんかのために申し訳ない」という気持ちが出てしまいがち。

もちろん無理やりさせてるわけでもなく、相手が自発的にやってくれてることに対してそう思ってしまうんですよね。

弱ってるときって、自分はそんなことをしてもらうのにふさわしい人間じゃないって思ってしまいます。ついつい。

そのときに「すみません」や「ごめんなさい」ではなく、素直に「ありがとう」が言えるような人になりたいですね。

しかし、ここまで自己肯定感が低い自分がいることにうんざりしちゃいます。。。

この記事でも書いたけど、根本的に自分のことを低く見る傾向があるんでしょうね。

自己肯定感が低くなるときは定期的にやってくるので、こんな自分もいるということを認めていけたらいいなあ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

Hiroki Matsumoto

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。