長谷川貞夫さん「PC−Talkerを使うようになった訳」

このnoteは長谷川貞夫さんがFacebookに投稿された文章ををまとめたものです。

パソコンで視覚障害者の90%が高知システム開発のPC−Talkerを使うようになった訳

最初の視覚障害者用ワープロの前で動けなくなってしまった有光勲さん。

1.全国の盲学校は毎年夏休み中にどこかの学校を会場として、全国盲学校研究大会を開いていた。
昭和57年8月に、会場校の岐阜盲学校で、私は初めての視覚障害者用ワープロの発表をした。
私は研究会が終わってから、希望者に更にワープロの説明をした。
そこに、高知盲学校から来た有光勲さんがいたのである。
有光さんは特に深い関心を示し、実際にワープロのキーで自分の名前を書いたりしていた。自分の名前が書けた事に、ひどく感動なさっていた。
有光さんは、高知県立盲学校へ帰ってから、岐阜でワープロを体験した報告を行った。
高知盲学校として、早速このワープロを取り揃え実用するようになった。ワープロのパソコンは、富士通が初めて発売したFM−8(エフエムエイト)であり、それに別の点字キーを付ける必要があった。点字キーを既に発売する会社が出来ていた。

2.AOK日本語ワープロの誕生
点字ワープロ第1号機よりもっと進んだワープロが必要だった。
それで私は、必要な装置や六点漢字体系データを送りついにAOK日本語点字ワープロが出来た。
『A』は有光勲さんのAであり、『K』は有光さんの同僚で中途失明の為漢字に詳しい北川紀幸(のりゆき)さんのKである。『O』は大田博志さんのOである。大田さんは東京のコンピュータ関係の会社に勤めていたが、ご家族の事情で高知に戻っていた。
以上の3人が意見を寄せ合い、AOK日本語点字ワープロが誕生した。

3.AOK日本語点字ワープロの決定盤
AOKをより普及する為、音声装置は大田さんの設計により、音声装置を含めた約27万円の製品になった。この製品が50台売れれば元が取れて損をしない事になっていた。
ところがだ、この評判が良く約1000台売れた。それで高知システム開発が誕生したと私は思っている。

4.以上が益々全国の盲学校及び盲人施設や個人に広まり、表題の『パソコンで視覚障害者の90%が高知システム開発のPC−Tal kerを使うようになった訳』という事になったのである。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

私達の活動を応援していただけませんか? Code for Nerimaは活動するためのサポートを受け付けております。

1

Code for Nerima

コンセプトは「みんなで練馬を楽しもう」。 練馬区でITを活用して何か活動をしていきませんか? ITにかぎらずデザインやビジネスなどアイデアを出し合って形にしていく活動をしていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。