見出し画像

マインクラフト カップの進め方を考えてみる

こんにちはK研究員です。
締め切り迫るマインクラフトカップですが、アカウントは発行しましたが、みんな集まってできるかというあたりはまだ謎なままという感じです。

とりあえず参加することを目標に頑張ってみたいと思っています。目的はコンテストに向けて子供たちが協調作業する様が見られればいいなという感じで考えています。

https://minecraftcup.com/

8/18が締め切りとのことで、次回7/20のCoderDojo 一回で作って(無理そうならもう一回やって)提出という流れがいいかと思います。

応募に必要なものとしてはワールドのデータ、動画、サムネイル、タイトル、工夫した点などの文書があります。これらを作るのも時間は1日2日かかりそうですね。

お題は、こちら。

ワクワクする街のデザインということです。
ここのアイデアは子供たちに任せます。

テンプレートの指定は特に無いようなので、街のテンプレートを使おうかなと思っています。短時間なので区画整理されていて、協調作業しやすいのではと考えて選びました。

区画に番号が書いてあるので、俺は1番と2番に作るよというように宣言してもらえれば喧嘩にならないのではと。

各自の端末でアドホックネットワークでやる感じになるので接続で手間取らないよう頑張りたい(PCとの接続を試しておく)と思います。

応募の制限はあんまり厳しく無いので、何かできれば応募できるのですが、心配なのは、アイデアが出なくてなにも作らない、飽きてきてふざけて爆弾を置いたりして喧嘩になる、というあたりでしょうか。この辺りは様子を見てうまく誘導する事も必要かなと思いました。

分かりやすいスポーツ施設(水泳、スケート、射的、鉄棒など)大人側もアイデアを考えておいて、30分なにもしなかったら、水泳のプールを作ってみようかというようなアドバイスは必要かもしれません。

初めてなので勝手がわからないですが、挑戦できたらと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

無料のプログラミングクラブCoderDojoを運営するにあたり寄付を受け付けています。お金は会場費・Wifiの費用・教科書に使用します。

「ありがとう!」と(2)びょういう
10

KY研究所@CoderDojo横浜港北ニュータウンやってます

横浜市でCoderDojo港北ニュータウンをやっています。K研究員は実践して得られた知見を共有しています。Y研究員は海外動向の調査等と twitter.com/KY17763521 を担当しています。E研究員はMake:界隈のハードウェアを主に研究しています。相互フォロー実施中

プログラミング教育実践まとめ

実際にプログラミング教育を児童に行った話をまとめます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。