COLLECTIVE 〜 北海道・東北エリア 〜

6
ノート

かなた 『Kindar garten』 (秋田県)

中学1年の時に付き合っていた村岡さんとは、ぼくの転校がきっかけとなって別れることになる。父の仕事の都合でぼくは東京から山形へ。ときどき手紙を書...

ITWST 『西会津フィルム』(福島県西会津町)

福島県『会津』と聞いて鶴ヶ城、飯盛山、白虎隊、野口英世、猪苗代湖、喜多方ラーメンあたりを思い浮かべられたあなたはもう立派な会津ツウ。武家屋敷、...

大槌 秀樹 『神々の撮影』(山形県山形市)

これは半裸の男が林のような茂みを背景に石の上で西洋の彫刻像のポーズをとっている自作のカレンダー。 笑った。一発でやられてしまった。 大槌は主に...

ユカリロ編集部 『yukariRo』(秋田県秋田市)

ぼくの好きな言葉に(もしくはぼくが好きなひとたちが好きな言葉に) 人との出会いは旅だから借金してでも行きたいね という詩がある。こんな風にひと...

是恒さくら 『ありふれたくじら』(宮城県仙台市)

そういえば、僕は鯨をナマで見たことがないと思う。 「そういえば、」「と思う」。そのくらいのあやふやさで見たことがない。 それでも、僕は鯨を紙の...

早川佳希 『それだけ』 (岩手県滝沢市)

岩手なら宮沢賢治。しんしんと降り積もる雪の上、満点の星空が孤独な夜を照らしてくれるイーハトーブ(理想郷)。銀河鉄道が走る。『いはで(言わで)お...