豊田玉之介 『煩悩マガジン』 (群馬県高崎市)

<煩悩マガジン> は四コマ漫画的なコマ割りにショートストーリーやドローイングを纏めた ZINE 。

表紙の鈍い赤やざらっとした再生紙が、不条理で悶々とした内容を、効果的に不気味に強化している。

大学時代に何気なく制作しました。
ー 豊田玉之介

すごく、それ分かる気がする。

あの頃のなんだかわからない焦燥感やモラトリアム、その悶々としちゃって周りが見えてない感じ。ハタチを過ぎた吹き出物感というか。僕にもあったなーこの感じ、ってちょっと恥ずかしい気持ちになりました。読んでて決していい気持ちにならない。

悪口じゃなくてね。

その感じをストレートに表現できているのが素晴らしい。むしろ、少なからずそれをキープしていけることが表現者として必要なのかも、とも思いました。

太宰の出てくるショートショート、好きです。

ー Written by 大滝 航( crevasse

---------

エントリー 群馬

豊田玉之介 / TAMANOSUKE TOYODA

美術家


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

COLLECTIVE 〜一都六県『関東』エリア〜

47都道府県の ZINE を公募し展示販売するエキシビジョン COLLECTIVE。一都六県『関東』エリアから参加してくださった方たちの ZINE の紹介ならびに、様々な活動の紹介をそれぞれの地域の魅力を織り交ぜて発信していきます。ちなみに COLLECTIVE では、今後...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。