おきありちゃん/Oki Arisa

91年生まれ/フリーランス/ライター/青森→東京/「働く」と「好き」/主成分はイケメン・サッカー・ピンク・かわいい/ okiars27@gmail.com

贅沢は味方だから、今日も働く

なんのために稼ぐのか。

それぞれに理由はあるだろう。

私の場合は、ほしいものの値段をみずにマイケルジャクソンのごとく指差し一つで買い物したいからだ。(This!This!Oh...that...なんていいながら、絵画を10億円分くらい買いたい)

miumiuの新作コレクションが出たら、財布もiPhoneケースも、使用用途のないキーケースも、何も入らないポーチも全部買いたい。

自分に「似合わ

もっとみる

生きづらいと思わなかった日なんて一度もない

ずっと生きづらさを感じている。

周りのことを見ててえらいねだなんて言われるけど、もう少し鈍感になりたいと思うことの方が多い。困っている人を素通りできない、その結果厄介な事に巻き込まれたのは今に始まった事ではない。

若作りをしているつもりはない、でも歳をとるにつれて「まだそんなものを好きなの?」って言われて現実に戻されるのが嫌だから予防線を張っている。

できる人なんかじゃないのに、できる人だ利

もっとみる

雨が憂うつだから、15分推しプレゼンをする

雨が好きっていう人のことが好きだけど、私は残念ながら雨が嫌いだ。
理由はたくさんあるんだけど、何よりも頭が痛い。

気分も晴れないし、原稿を書くスピードは下がるし、質も下がる。踏んだり蹴ったりかよ…

というわけで、今日は目覚ましがてら私の推しの好きなところをつらつらと書いてみたいと思います。

ただ、一生かけちゃいそうなので15分くらいの動画を流して、その間だけ!

ではでは、スタート!

――

もっとみる

係の人に連れていかれるまま救護室にむかったら、救護室じゃなくて、ずっと夢に見ていた場所で。扉開けたら立っていて、ずっとほしいって学生のころから話していた指輪いただいて。いろんな人に「おめでとう」言われて!なんだこれ!プロポーズって超一瞬!

いまの感覚が当たり前ではないということ

令和時代1日目。あけましておめでとうと少し似た空気感に不思議と浮足が立っていた。

ひねくれているかもだけど平成最後の〇〇って考え方があまり好きじゃなかった。だって、元号なんて、1歩海の外に出たらどうだっていいことだから。それに最後ってなんだ?別に平成が終わっても、次の日からはまた日常が変わる。

もし今みたいにSNSが発達していなかったら、テレビや新聞が普及していなかったら、時代が変わったことに

もっとみる