見出し画像

【発売直前!】みんなで書いた本の見本が届きました。その経緯や経過をまるっと紹介します。【サロン企画】

コミュセラで数カ月前からスタートした『書籍をみんなで書こうぜ!企画』ようやく一つの形になってきました。発売まではもう少しなんですが、見本の本が届いたんです。

さて、今回は発端などを少しまとめてみます。


1:みんなの悩みなどは尽きない涙

2:一人では出来ないことを乗り越えて、自信や行動力に繋げよう!

3:紙の本を出す、ってのはすごいことだぞ!

4:よし、やってみよう!

5:参加者募集→執筆

6:完成→編集→修正→…ループ

7:挿絵、表紙作成

8:入稿


ざっくりと言うと、こんな感じで進みました。特に6~8が地獄のように激しい日々でして、この頃の記憶がございませんw

というのも、今回は自分たちで作って、アマゾンのみで販売するという特殊なスタイルをとりました。電子書籍じゃないのよ、紙なんだけど自分たちで作ったんです。


はてさて、気になる内容はこんな感じ!

-------

第1章:時代とのコミュニケーション
コミュニケーションを止めるな!/細川寛将

第 2 章:臨床コミュニケーション
自分の常識は他人の非常識?ルールは王様が決めるもの/杉浦良介
プレゼンテーションスキルはあなたのキャリアの武器になる?/穴田周吾
鹿児島セラピスト「むたどん」!!~日本から世界で活躍すると決めたでごわす~/蛭牟田誠
口下手だから良い!タッチング・コミュニケーションの実践/八木大樹
不眠の理学療法士が患者さんのために、睡眠で自分をアップデートした話/大平拓巳
交通事故から復活して理学療法士になった話/楠村和也

第 3 章:家族とコミュニケーション
共働きお母さんに贈る、家庭も仕事も楽しく過ごす気持ち術/田中好
育児はセミナーよりも役に立つ!療法士として大切な事は子育てが教えてくれた/平田由美
あなたがいないからそばにいて/喜多一馬

第 4 章:チーム運営コミュニケーション
圧倒的リーダーの次の人/中山陽平

第 5 章:動機付けコミュニケーション
5分で確変!超面談メソッド/鯨岡栄一郎

第 6 章:コミュセラジオ・コミュセ座談
不確実な自分との付き合い方/細川・鯨岡・喜多
療法士として興味のある分野の見つけ方/細川・鯨岡・喜多
患者さんを一人の人として関わろう!/コミュセラメンバー

-------

地獄のような編集作業をしたおかげで、この本の良さは本当に見えました。多分、今は僕がこの本の魅力を世界一知ってます。

本書を編集しながら、著者たちが大切にしているコミュニケーションを実践している姿を想像していました。例えば、自身の入院経験を患者とのコミュニケーションに活かす楠村氏。彼は患者の声にならない声に耳を澄ませ、誰よりも早く、そして適切な形で、そっと手を差し伸べている。時代とのコミュニケーションを怠らない細川氏。彼は通勤や休憩時間も情報収集に努め、そして悩める療法士の相談に乗り、さらには時代を変えるようなプロジェクトに取り組んでいる。平田氏は家族と仕事をリンクさせ、八木氏は触れることに全神経を研ぎ澄ませ、中山氏は組織をより良くするために周囲に耳を傾ける…それぞれの大切にするコミュニケーションを実践し続けている。そんな姿です。ここに本書のタイトルである『コミュニケーションを止めるな!』が込められています。(本書「あとがき」より)

さらに…

本書は療法士向けオンラインサロン「コミュセラ」で始まった企画です。「僕たちのコミュニケーションにまつわる赤裸々で生々しくて、それだからこそ誰かの役に立つ話をみんなで書こう!」こんな言葉で唐突に始まりました。当初は自分語りで自己満足な書籍になってしまうのでは?という懸念もありました。しかし、仕上がった原稿を見るたびに、そんなものは覆されていきました。あとがきを書いている今では「なんておもしろいんだ…これは悩める療法士の役に立つぞ…」と自信を持って言える一冊になりました。(本書「あとがき」より)

もういっちょ…!

あなたにも大切にしているコミュニケーションがあるはずです。それを少しでも誰かに話してみてください。きっと、悩める誰かの役に立つ一種の教材になるはずです。僕は、本書を読んだ方が著者から影響を受けるだけでなく、誰かに影響を与えるようになって欲しいな、と考えています。だって、鯨岡氏・細川氏を除いた著者全員が初めての執筆でここまで出来たんです。あなたに出来ないことなんて、何もないと思いませんか?(本書「あとがき」より)

ということで、読んでいただいた方の心に刺さるような一冊になったと思っています。

-------

はてさて、本書を少しだけお得に買えちゃうイベントを東京にて開催!正直、書籍買わなくてもどう考えてもコスパ良すぎるので、少しでも気になっている方には来ていただきたいです。ぼくはもちろん、鯨岡先生と細川先生も来ます!

イベント申し込みはこちら

書籍もイベントも、要チェックです!

次は発売が確定したらお知らせいたします(*'ω'*)!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

おもしろいと思って頂けたら、サポートは無償で出来る、SNSなどでの拡散をしていただけると嬉しいです(*´ω`)

6
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。