見出し画像

月ぬ美しゃ十日三日 女童美しゃ十七つ

「なんで泣いてるの?」
「みんながいじめるんだ」

河童はキジムナーのそばで話を聞いていた。

「君はいじめたことはないの?」

そう言うとキジムナーの肩の震えが止まった。

「昔ピンザを仲間はずれにしたことがある」
「なんでそんなことしたの?」

十三夜の今日は月が煌々と輝いている。
少し時間が経ちキジムナーはポツリポツリと言葉を落とし始めた。

「ピンザは悪い人たちの子供だから、仲良くしちゃダメだって言われたの」
「でも、君に悪いことをしたわけじゃないんでしょ?」

キジムナーは無言でうつむいたままだった。

「なぜ僕をいじめないの?」
「僕もいじめたことはあるよ。でも、昔ベアードにいじめられて悲しくて、それ以来いじめないようにしてるんだ」

月は今日も東から昇り大地を照らしている。

「島で見る月と同じだね」
「お月様は平等だからね」

遠くで唄う声が聞こえる。

「ホーイーチョーガー」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

ウエサト トモム

フリーのマンガ編集者。元ストリートダンサー。それ以外はファッションと物とマンガに力がこもってます。音楽はHIP HOPからアラブ音楽まで。バンドもやってた何でも屋です。

ものぐるほし

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。