あの日から7年

2011年3月11日
私は宇都宮で震度6強を経験した。

大学卒業を目前に控えて、バイト仲間と「餃子食べたい!」という軽いノリで当時住んでいた茨城県から車で1時間もかからない宇都宮で餃子店を3軒ハシゴした後に、駅ビルの31でアイスを選んでいたときだった。

あ〜地震だ〜と感じてから10秒もしないうちに、ビルがミシミシと音を立てて横揺れし始めてあちこちでガラスの割れる音がして、悲鳴が上がった。
知らない人と手を取り合って建物の外に走り出て、ロータリーの真ん中に座り込んで揺れがおさまるのを待った。座り込んだコンクリートも横揺れしていて、このまま地面が割れて落ちるんじゃないかと思った。
頭上の歩道橋の街灯がパリンパリンっと割れてガラスが降ってきた。
バイト仲間を見つけて抱き合いながらひたすら待った。心臓が爆発しそうだった。

揺れが落ち着いて、バイト仲間と合流して、とりあえず家に帰ろうということになった。
電話とメールが全く通じない中、twitterだけがものすごい速さで更新されていて、でもそれも少しして繋がらなくなった。
帰り道は1時間かからない道のりが4時間かかった。
ところどころ道路がひび割れていたり、民家の外壁が崩れていたり。
車の中でワンセグが繋がったのでみんなでニュースを見た。
フジテレビの球体が燃えていた。
千葉の方でも大きな火事があったみたいだった。
そしてあの津波の映像が流れた。
それがどこの映像なのか、本当に今起こっていることなのか、よく分からなかったし、その部分だけよく思い出せない。

そこから茨城に戻っても住んでいたアパートは荷物がぐちゃぐちゃで、断水と停電が続いていて、しばらくバイト先のファミレスでみんなで過ごした。
卒業式がなくなり、内定はもらっていたけれど入社できるのか不安だった。
4月ギリギリまで実家の名古屋に避難して、恐る恐る東京に戻った。

何もかもが変わってしまった東北の様子が毎日テレビで流れる中、東京は何もなかったように動いていて、私もそこに吸い込まれて日常を刻んで7年が経つ。
被災者といえば被災者だし、あの日のことは昨日のことのように思い出せて今でも心臓がきゅーっとなるけど、私は何も失うことなく今日も当たり前の毎日を生きている。

あの日を忘れないように、いざというときに大切な人を守れるように、これからも当たり前の毎日を大切に生きよう。
そんなことを毎年思う。

3/11 日曜日

8:30 起床
パンを切らせてたので、納豆ごはん、昨日の残りの味噌汁、冷凍シュウマイで朝ごはん

9:30 お茶を淹れて夫が会社でもらってきたアンテノールのチョコフィナンシェとタルトを食べる

**9:45 **娘がおきがえするー!と言い出す
着替えさせるとさんぽ!さんぽ!と夫にせがむ
洗濯干したりしてしばらくごまかす

10:00 夫と娘が公園に出かける
私はソファに転がってサンジャポ観ながらnote更新

11:30 夫と娘帰宅

12:30 義母が金曜日に持ってきてくれたビーフシチューを温めて食べる
夫がスクランブルエッグを作ってくれてオムビーフシチューにする
娘がカレーおいしいー!とがっつく

13:30 近くのショッピングモールに出かける
娘の靴が小さくなったので新しいのを買う
保育園用のasicsとセールで2000円だったので14cmしかなかったけどニューバランスの2足を買う

ユニクロとか無印を見て回る
娘が眠いくせにベビーカーで寝ずにものすごくぐずる
アンパンマンせんべいやらりんごジュースやら与えるがぐずる

ぐずる娘を無理やりベビーカーに乗せたらギャン泣き
ここは根気勝負だと無視してベビーカーを押し続けたら5分くらいで寝た
勝った!!!

15:45 カフェドクリエで夫と休憩
娘はくうくう寝てて平和
夫とこれからのことを少し話し合う
出産が終わったら家探し、引っ越し、保活、3人目どうするか、など考えることが無限にある
スケジュール引いて逆算して計画立てないとやばいねっとなってとりあえず終了

16:20 夫と駅で解散
夫は銀座の美容院へ、私は娘が寝てる間に帰宅、と思ったら娘起きた
ポーッとしたままベビーカーでおとなしくしてるので無事帰宅

18:20 夫帰宅
みんなでお風呂

19:00 夜ごはん
ふるさと納税のステーキ、ビーフシチューの残り、ちくわとオクラ納豆の和え物、ごはん
よく分からない重いメニューになってしまった

20:00 夫が大好きな池の水抜いてみたを観る
近所の池にきたら絶対ボランティアするらしい
私は絶対入りたくない

21:15 歯磨きして娘と先に寝る
夫は池の水に夢中
本2冊読んで、娘はすぐ寝る

22:00 ベッドの中でスマホをいじる
身体が痛くてなかなか寝れない

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

わーい!

〔産休日記〕

産休中の行動・思考ログ。 スタート3日目で切迫早産と診断され自宅安静生活でおうち時間の充実化を実験。 安静解除後はいつ産まれても悔いのないように1日1予定限定で人に会ったり、行きたかった場所に行ったり食べたかったものを食べて、会社員がお休みなのをいいことにパラレルキャリア...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。