UIデザインを「ありふれたニュース記事」から学ぶ

16
ノート

★見えないWantsを見つけ出す

万年2位という、がんばっても報われない立ち位置が、いつしか漫然とした仕事へと社員のやる気...

★ささいな自動化がもたらす「おもてなしUI」

前回の東京オリンピックを契機に導入が図られたタクシーの自動ドア。 日本のおもてなし文化が...

★企業カラーに左右されない戦略的カラー選択

企業が自社のアイデンティティを打ち出し、垂直統合していた時代には、コーポレートカラーが重...

★観る側の事情が戦略

クックパッドのユーザー数が伸び悩む一方で、元気が良いのがDELISH KITCHEN。わずか1分でレシ...

★UIデザインにも通じる日本のおもてなし

10月6日、サモア戦も熱い戦いが繰り広げられたラグビーワールドカップ2019は、日本の3連勝で終...

★巧みな導線は動線に宿る。

1960年代にアメリカで生まれた「ワンウェイ・コントロール」というスーパーマーケットの顧客誘...

★表組は、ユーザー視点でなければ意味がない

ブラトップの誕生以降、女性の嗜好も変化している中で、ユニクロのワイヤレスブラが、また新た...

★こころを配る。こころを添える。

図書館の取り組みについて、チャチャを入れる人もいるようだが、至極真っ当で、素晴らしい取り...

★虚構新聞ネタかと思ったが、ついに時代が動いた!

消費税増税による運賃改定作業に合わせて、100年に渡る歴史的駅名「梅田駅」が「大阪梅田駅に...

★サイン表示は誰のためのモノか?

駅前再開発事業のまっただ中にある渋谷駅にあって、東京メトロの地下鉄出口案内表示変更が熱い...