名古屋開催1月

名古屋セミナー:他では絶対教えてくれないUIデザインのワザをたっぷり学ぶ《基礎・応用編》

2020年1月18日土曜日、1年半ぶりに名古屋で開催いたします!
前回開催よりも、さらに論理的でスキルアップにつながる内容へパワーアップした、UIデザインが初めての人にもわかりやすく学習できる集中セミナーです!

まったく新しい視点で、初心者にもわかりやすく、UIデザインを楽しく理解できるようになります!

このUIデザイン講座は、
どんなことに気をつけて制作をすべきか?
どんなことを想定してサイトを設計・構築して行くと、わかりやすく使いやすいWEBサイトを作れるのか?

といった、UIデザインの根本となる基礎的考え方を改めて習得し、従来とはまったく違うWebデザインの表現方法を産み出せる意識を身に付けることを目的とした、『他では絶対教えてくれない』UIデザインをわかりやすく楽しく学習するプログラムです。
※第1部・第6部は東京開催のみ

第2部:UIデザインの常識を改める「認知学から学ぶUIの基本」

02:UIデザインの常識を改める「認知学から学ぶUIの基本」.232

【講義内容】
今まで常識だと思っていた『いつも目にするWEBデザイン』は、人間本来がもつ知覚能力の限界や、認知心理学などのデータを用いて検証していくと、実は使いにくい・わかりにくいデザインだったことに気づかされることでしょう。
キレイなデザインやカッコいいデザインだけじゃない、本当にユーザーの役に立つWEBデザインの仕掛けを理解できます。
【1】ある一定量を超えた情報に対して読みたくなくなる心理
【2】人間はそもそも見える範囲に限界がある
【3】クリック数よりクリックの質
【4】短期記憶がカギになるWEB閲覧
【5】直感的なわかりやすさと使いやすさ
【6】誰でも使えるわけではない検索機能
【7】ナビゲーションの分かりやすさの仕掛け
【8】色彩による情報認知とブランディング(※一部の色見本を画像で配布)
【9】男女では情報の捉え方に異なる傾向がある

第3部:ユーザーのニーズとリテラシーを基準に考える「UIデザイン」

新03:ユーザーの視点に寄り添う「わかりやすいUIデザインのツボ」.271

【講義内容】
著名サイトで表現されているデザインやインタフェースは参考事例として注目を集めますが、そのユーザビリティ性能を分析していくと、実はユーザーにとっては使いにくい理由が、数多く浮かび上がってきます!
いつも目にするWEBデザインのユーザービリティを、有名サイトだからと安心せず、UIデザインの落とし穴と呼ぶべき盲点から、本来あるべきユーザビリティ性能とは何かをたっぷりと学びます。
【リテラシーに寄り添うコンテンツ編集】
・UIとは?
・UXとUIの違い。一般の人が見えていない世界を見据えることの重要性
・制作側の常識が利用者の常識にはならない時代の変化
・使う側のリテラシーに寄り添う
・もっとも欲しい情報にリーチすることこそUXだ
・タイトルとリードで伝わる情報デザイン
【ユーザーとの接点を大切にするための考え方】
・検索窓を使わなくても、だれにでも使える検索機能
・よくある質問は、よくない質問
・UIデザインはWEBサイトのおもてなし
・ユーザーのニーズを捉えるサイト設計の考え方
・ユーザーニーズを読み解くWEB戦略に基づく3W1H
・ユーザー視点から実現したターゲットシフトによる成功例

第4部:直感的で快適なWEB環境を作る「スマホ用UIデザイン」

再編04:直感的で快適なWEB環境を作る「スマホ用UIデザイン」.065

【講義内容】
スマートフォンのサイト構築において、『本来あるべき使い勝手』や『わかりやすさ」の観点から、スマホ用UIデザインをユーザー視点に立って徹底的にその性能を検証し、あらゆるデザイナーのバイブルになるUIデザインの方向性や、最適なデザイン表現や構成レイアウトを学べぶことができます!
【スマートフォンとは】
【1】真の“スマートフォン”と言えるデバイスが2007年に誕生
【2】指で操作するスマートフォンのユーザビリティ
【「ハンバーガーメニュー」はユーザーにとって直感的か?】
【3】ハンバーガーメニューは直感的操作性を下げている
【4】ハンバーガーメニューの普及率
【5】ハンバーガーメニューの種類
【6】ハンバーガーメニューに存在する理想と現実
【7】スマートフォンでは階層構造を理解・把握しにくい
【8】直感性を損なわずに使えるスマホ用ナビゲーションメニュー
【レスポンシブデザインでは実現しないスマートフォンへの最適化】
【9】レスポンシブデザインの普及率
【10】レスポンシブデザインがもたらすメリット
【11】レスポンシブデザインに存在する理想と現実
【12】レスポンシブデザインは、適合化であって最適化ではない
【13】スマートフォンサイトの未来を作るモバイルファースト
【スマートフォン環境における、Googleが描く快適な検索性の世界】
【14】 グーグルモバイルファーストについて
【15】レスポンシブデザインとSEO効果の関係
【入力操作を快適にする入力フォームの良し悪し】
【16】ユーザー視点に立った入力の省力化
【操作を分断しないモーダル表示、アコーディオン表示】
【17】モーダル表示にはTPOが大切
【18】スマートフォンの閲覧性を左右するアコーディオン表示
【快適を維持するためのスマートフォン向けUI】
【19】右手でも左手でも押せる最適なボタン表現
【20】サイトロゴ以外からのトップページに戻る導線

お申込・詳細はこちら

※1日一括で受講される方は割引価格(2000円OFF)にてご予約できます!
※気になった講座のみを個別に申し込みも可能です。各サイトでご確認ください。

▼ストアカを希望の方はこちら

▼Doorkeeperを希望の方はこちら

▼connpassをご希望の方はこちら

▼peatixをご希望の方はこちら


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

東京以外で開催するUIデザインセミナー開催のための資金に、役立てたいと思います!

ありがとうございます!心のモチベーションが高まります(^_^)/
1

香西 睦|continue.jp

「だから、そのデザインはダメなんだ。 WebサイトのUI設計・情報デザイン 良い・悪いが比べてわかる」著者。電通アイソバー株式会社の設立時より2018年まで、大手企業Webサイト構築やリニューアルの中心メンバーとして多数参画。現在は、製薬系制作会社プリンシパルとして活動。

#他では絶対教えてくれないUIデザインのワザを学ぶ

UIデザインは、一朝一夕で勉強できるモノではありませんが、だからといって勉強するための「教材」が不足していることも事実。 結果的には、仕事の経験値に頼るところが大きいため、その経験が正しいことなのか間違っていたことなのかを判断する術がありません。 書籍「だから、そのデザイ...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。