見出し画像

ドーベルマンズとワタシ暦~巣立ち~

犬の社会化期は生後4週齢~13週齢。

この時期の経験は犬の社会性に大きな影響を与える。

社会化期を同腹仔の兄弟姉妹や親犬や
人とのコミュニケーション無しで過ごした後に、
人に家族として迎えられたりすると、
後々、共生する上で様々な問題や
問題行動などが発生することがある。
(個体差はあります)
躾で解消することは出来るが、
躾の入りやすさの差は出るように思う。

★写真向かって左からシンシア、アン、ラム、レオ坊


パピコ同士の遊びのなかでは、
ジャレ噛みし過ぎると遊んでもらえなくなる。
どれくらいの強さまでなら大丈夫なのかを学んだりする。
そんな体験をせずに人と暮らすようになってしまった子犬は、
飼い主や人の手に加減ない甘噛みをしてしまい
人の手に穴をあけてしまうことがある。
ウチでいうと、ボルドーがそれであった。(笑)

★写真向かって左からグラースとアン


社会化期の交流のなかで、
行き過ぎた行動をするパピコがたまにいる。
そんな時、母犬はその仔犬の鼻(マズル)を噛み
『それはダメ!』だと教える。
その動作の素早さは目を見張るものがある。
よく、犬にしてはダメと教えたことを犬が
やってしまった時に、すぐに叱らないと効き目がないというのは、
この母犬の教育的指導のスピードをみれば頷ける。

★レオ坊を叱る母犬シェリー

シェリーもパピコたちに教育的指導を
しっかり行っていた。
では、父犬ボルドーは? 

この続きをみるには

この続き:4,359文字/画像20枚

ドーベルマンズとワタシ暦~巣立ち~

Coodamon

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキスキスキスキ~~~♪ありがとう(´∀`)
19

Coodamon

2002年からドーベルマン達と過ごしてきました。 6頭いたドーベルマンも5頭が虹の橋を渡り、 今現在は1頭のみとなっております。 YouTubeではドーベルマンズの裏庭チャンネルにて ドーベルマンズとの日々の様子を配信中です。

コメント10件

Cooさん、今回も素敵な記事をありがとうございます😉
以前、私が本館ブログを拝読した理由は、レディアンが巣立ったのに、なんでYouTubeやアメブロに登場してるん?っていう素朴な疑問があったからです❗
今回の記事で内心「ブログの予習&復習が役に立った❗」と😉
アンちゃんの事が大好き❤だったレオ坊でしたね😉
チラ見してムキッ歯されていた動画もありましたね❗
みんなと一緒に伏せをしなかったり、ラムっちょの昼寝を邪魔してシェリーかーちゃんに怒られたり(笑)
今はレオ坊しかいないのに動画を観れば、みんなが元気な姿でいる😊
Cooさんが築き上げた10年以上の歴史が今とシンクロしていて、何の違和感もなく毎日動画でドベ家族に逢える事がホントに嬉しいです(*^.^*)
次回も楽しみにしています✨
アッ❗それから、
老眼鏡をかけて、ブログの写真じっくり見ましたが、ボルパパの他にもたくさんいました😉
Cooさん、私は親指に仏眼が有るので見えるんです(笑)
コバヤシさん、今回もご購読くださりありがとうございます。
ほんと本館を全部読んでいただいて驚きと同時に感激極まり!でございますわ。
本当にありがとうございます!
アンの件は、アンの譲渡先のオーナー様のお気持ちを考えると、
切なすぎて、詳しく載せられなかったのです。
少し時間が経って落ち着いたら~と思っているうちに今に至る感じに(笑)
その時々に見たこと、感じたとこ、思ったことを投稿しているので、
載せたつもりで載せてない部分もたくさんあると思います。
動画もチャンネルユーザー様に「この動画が好きです!」とおっしゃって頂いても、
ん?と、しばし考えてしまう動画制作者のワタシ(笑)ここをお借りして暦を書き始めたのも、レオ坊の介護応援サポート&動物殺処分反対団体への寄付の他、自分自身が過ごしたドーベルマンズとの素晴らしき日々をもう一度しっかりおさらいして胸に焼き付けたいと思ったからです。こんなワタシでございますが、今後とも仲良くしてやっていただけたら嬉しいです。宜しくお願い致します。写真の寺は聖徳太子が名をつけた寺で、今は禅寺となっています。やはりたくさんみえたのですね~スピ仲間♪



とても勉強になりました。そして、パピコたちを送り出すときのCooさんの審査というか、こ人たちなら絶対幸せになれる!そんな想いが感動しました。アンちゃんは出戻りなんですね。けど、飼えないのなら直ぐに戻してくれたのは良かったですね。アンちゃんも動画見てるとカワイイ顔してますもんね。レオ坊もアンちゃん好きだしね。
ネコさん、ご購読ありがとうございます。
飼い犬の一生は飼い主で決まる!といっても過言ではないと私は思っております。なので、愛情深く終生を共にしてもらえる伴侶審査(笑)は重要ですよね。
巣立ったパピコ達が今も幸せに暮らせているのが、私の自慢でもあります。
アンは出戻ることになりましたが、アンを返してくださったオーナー様には今でも感謝してます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。