見出し画像

はじめまして、クックパッド・スペインです!

オラー!(スペイン語で「こんにちは」という意味です)

クックパッド・スペインのマイコです。

私は仕事柄、毎日クックパッド・スペイン語版に投稿されるレシピを見ています。スペインや、メキシコ、アルゼンチン、キューバなどスペイン語圏各国の人々が実際に作った家庭料理です。そして、日々思うのが、

レシピ、面白すぎ。

初めて目にする料理や、一風変わっているけれど理にかなった調理方法、一部の地域でしか栽培されていない珍しい食材などなど新発見のオンパレード。気になって調べてみるとさらに新たな発見があり、そしてそこからさらに新たな発見へ・・・まさに、未知の地を一歩一歩足を踏み入れる探検者の気分。

こんな面白いレシピたちを私一人のニヤニヤとして消費しているのはもったいない。ということで、クックパッド・スペイン語版のレシピ探検をnoteで発信することにいたしました。

こんな方々に楽しんでいただける記事を書いていきます。

・スペイン料理、ラテンアメリカ料理が好き。本場の情報求む!
・スペイン語勉強中。もっと生のスペイン語に触れたい!
・スペイン語圏に移住したいけど、今は本気出さずに気分だけ浸りたい。

前置きが長くなりましたが、初記事ということで、クックパッド・スペインの自己紹介をさせてください。

1.クックパッド・スペインのレシピサービス

クックパッドは30言語、70カ国以上でレシピサービスを展開しています(2019年8月現在)。海外事業の中心拠点はイギリスのブリストルにあり、その他インドネシア、レバノン、ロシア、ハンガリー、そしてスペインなど主要拠点にオフィスがあります。

このうち我らがスペイン・オフィスは、スペインとスペイン語圏全体を担当しています(厳密に言うと、お隣ポルトガルもスペイン・オフィスが担当しています)。そして、クックパッド・スペイン語版にはスペイン語語圏各国からレシピが投稿されています。

スペイン語圏全体ということは、そう、メキシコ、アルゼンチン、コロンビア、ベネズエラ、キューバ、ボリビアのレシピだってあるんです!こちらの表にある通り、クックパッド・スペイン語版は次の21カ国で利用されています。

スペイン  アルゼンチン  ボリビア  コロンビア  エクアドル
 ペルー   パラグアイ  ウルグアイ  ベネズエラ  メキシコ
コスタリカ キューバ   ドミニカ共和国 グアテマラ ホンジュラス
ニカラグア  パナマ   プエルトリコ  エルサルバドル  チリ  エスタドスウニドス(アメリカ合衆国のスペイン語話者向け)

さて、あなたの気になる国はどこですか?

私はアルゼンチンスタッフが作ってくれるエンパナーダが大好きです。厳しい情勢にもかかわらずベネズエラからもレシピ投稿があるのも感激しますよね。それから、アメリカ合衆国のことをエスタドスウニドスって書いているところにこだわりを感じちゃいます。キューバとコスタリカにはまた行きたいです。

・・・っと脱線してしまいました。

日本のクックパッドと同様、スマホアプリ(Android版とiOS版)とウェブページがあり、ユーザは興味のあるレシピを検索してみたり、作りたいレシピを保存したり、自分のレシピを投稿したりすることができます。もちろん、参考になったレシピに感謝と喜びを込めて、写真とコメントを送ることもできますよ。

クックパッド・スペインのウェブページはこんな画面になっています。

グレーの文字で"¿Que quieres hacer hoy?"(今日、何を作りたい?)と書いてあるところに、気になる料理名や材料名を入れれば検索できます。
また、黄緑色の"Publicar Receta"(レシピを投稿する)をクリックすれば、レシピ投稿ができます♪

日本国内からは、海外版クックパッド・アプリはダウンロードできませんので、ウェブページにアクセスしてみてください。また、海外在住の方はぜひ海外版クックパッドをダウンロードしてみてくださいね。

2.スペイン・オフィス

クックパッド・スペインのオフィスは、スペインの南東に位置するアリカンテ市の郊外にあります。

アリカンテ市は地中海沿いの人口30万人ほどの街。ヨーロッパではリゾート地として知られており、夏の間は眩しい太陽とビーチを目当てに観光客がどっと押し寄せます。そして夏が終わると、街は静かさと穏やかさを取り戻します。

そんなアリカンテの郊外にクックパッド・スペインのオフィスがあります。

この青空に映える建物がオフィスです。

素敵でしょ?

もちろん、キッチンもあります。

このオフィスには、コミュニティ・マネージャーやエンジニア、デザイナーなど計12名が勤務しています。さらにメキシコ、コロンビア、チリ、ペルー、アルゼンチンの合計11名のコミュニティマネージャーたちがリモートワークしています。

そう、チームの約半数が大陸横断リモートワークなのです!

ヨーロッパ大陸のスペインとアメリカ大陸のメキシコやコロンビアとの時差は7時間、北半球のスペインと南半球のアルゼンチンでは季節は真逆。

スペインが熱波に襲われていたある日のテレビ会議では、アルゼンチン人はぶるぶる震えてマフラーをぐるぐる巻きにしていました。

コミュニティマネージャーは、現地のユーザさんと直接接点を持ち、コミュニティを構築するキープレイヤーです。
ユーザさんが料理が楽しくなるようレシピコンテストを企画・運営したり、料理仲間を作れるようなオフライン・イベントを開催したり、作りたくなる料理満載のニュースレターを配信したりしています。日々投稿されるレシピも、彼らが一つ一つ丁寧に見て、問題がないことを確認しているんですよ。

コミュニティマネージャーは、現地人ならではの食文化の知識とコミュニケーション能力を駆使して、その地域ならではの毎日の料理を楽しみにしています。

3.クックパッド・スペインの歴史

クックパッド・スペインの前身は「Mis Recetas(ミス・レセタス)」(スペイン語で「私のレシピ」という意味です)というレシピ・コミュニティです。

アリカンテに住む料理大好きイギリス人のベッキー(現在のスペイン支社CEO)と仲間たちが立ち上げたこのコミュニティには、スペインに限らず、メキシコ、アルゼンチンなどスペイン語圏のユーザがレシピを共有しあい、料理を通じたコミュニケーションを楽しんでいました。

現在、アルゼンチンのコミュニティーマネージャーのノラリは、スペイン国外からレシピを投稿したユーザーの一人です。スペイン語コミュニティの中では、もはやカリスマ的存在ともいえる彼女ですが、今も一人のユーザとしてレシピを頻繁に投稿しています。

そんな「Mis Recetas(ミス・レセタス)」と本格的に海外進出を始めていたクックパッドが出会い、「毎日の料理を楽しみに」という共通のミッションのもと、クックパッド・スペインとして共に歩んでいくことになりました。

そして2019年2月1日、クックパッド・スペインは5周年を迎えました。嬉しいことに、クックパッド・スペインではレシピもレシピ作者さんも増えてきています。これからもチーム一丸となってスペイン語圏の毎日の料理を楽しみにしていきます。

そして私は、スペイン語圏の料理の楽しみを、日本の皆さんにも広げていきますよ!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

75

Maiko / Cookpad Spain

クックパッド・スペインにて、約5億人のスペイン語圏の人々に毎日の料理を楽しみにしようと試行錯誤中。日本国内外の日本人にもクックパッド・スペイン語版の楽しさを知ってもらいたい。

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。
4つ のマガジンに含まれています

コメント2件

Maikoさん、こんにちは!
バケーション中でフォローが遅れてごめんなさい。
がんばりましょうね!
ハルコさん、ありがとうございます。
一緒にスペインの美味しいもの、広めていきましょうね!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。