1万5000年の魂の旅

2018年9月25日

月になりたい。

マミは言った。

満月のヤハラヅカサ。

ここはアマミキヨ伝説の聖なる浜辺。

月のまわりには大きな丸い虹が出ている。

秋分も過ぎて、この季節の沖縄の夜は涼しく心地いい。

沖にはぼんやりと久高島が見えている。

浜辺に座ってマミと話し込んでいると、ふと不思議な感覚になってきた。

会話を交わしているようで、まるで誰か二人の会話を聞いているような感覚。

言葉は自然と出てくるのに思考は止まっている。

そして自分とマミの境界線がぼんやりし始めていることに気づいた。

時間も過去も未来も、恐れも心配も、欲望も夢も思考も、すべてが消えている。

自分は何者でもなく、ただの魂。

すべてが消え去った静かな世界。

なんという心地よさだろう。

何もなくすべてがあるような感覚。

解き放たれて宇宙空間に二人で浮かんでいるようだった。

僕はマミと完全に溶け合っていた。

そして空や海や浜辺の砂や、宇宙全体と溶け合っていた。

二人で何時間も話し続けた。

その間、円の虹はずっと僕らを見守っていた。


この続きをみるには

この続き:13,702文字

1万5000年の魂の旅

coo

1,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

coo

コメント1件

cooです。

半年以上に渡って執筆してきましたが、単なる読み物ではなく読んでいただく方の魂の向上に少しでも参考になればとエピソードを厳選し文字数を半分以下に削ぎ落としました。

そのため一般的な1000円程度の書籍と比べるとボリュームは少ないかもしれませんが、何度も読んでいただけるような作品を心がけました。

あなたのこれからの旅路の途中で思い出した時に読み返してもらえたら嬉しいです😇



1万5000年前にふたつに分かれた魂の秘密

究極のパートナーシップ

次元上昇の秘密

ワンネス体験

輪廻転生を終えた後にあちら側で待っている自分のミッションとは?

スピリットメイトの行く末とは・・・。

地球は今危機にあるのか?

その回避方法は?




そんなことについて書いた、次元を超えたノンフィクションの物語です。

ただし読む人によってはフィクションにしか思えないかもしれません。

そんな五次元な、いやもっと高次元な情報も含んだ驚きの内容。



ノンフィクションですがそのまま信じるのではなく、自分がどう感じるかを確かめながら読んでいただけたら嬉しいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。