日本橋DHA

午後から客先で打ち合わせの予定があり、移動の途中で昼食をとった。

あまり頻繁に通っている顧客ではなく、建物の周りは不案内なので、目的駅を降りてすぐに目に入った和食屋におさまった。

鶏を使った定食もメニューには並んでいたが、多少時間にゆとりもあるので、サバ味噌煮定食を注文した。

出てきたのは半身、たしか専門用語があるけど、裏側のハラが向こう側に置いてある身であった。
サイズでいうと、約20センチ、まあまあの大きさだと思った。

とうぜん、頭のあたりから箸を入れる。
このあたりは、胸ビレと身の端の骨を残して調理してある。
肋骨、とぼくは呼んでいるけど、臓器を抱えているあたりの骨はキレイに取り除いてあった。
もちろん、背骨の中骨もしっかり抜いてあり、口の中から骨を取り出しながら食べる必要はまったくなかった。

と、骨の在りかと残っているかに注意をはらいながら食べることで、食べながら考えることになるな、と、ふと思った。

DHAを含む青魚を食べると賢くなるよ、と、世間ではいうけれど、実は考えながら食べることが重要なのてはないか?
と、いつものようにたいして味わうこともなく、午後の仕事に向かった。

一食972円は、安くはない、やはり。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

市井一人

日々雑感

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。