この時間帯いいねと詠嘆した君を思い出す

画像1 2019/08/30 18:07 自分を夕空に重ねる。
画像2 2019/08/30 18:08 窓に残された雨跡が家々の灯りのように輝く。なんか浪漫を感じる。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

研究の世界を窺う一留学生の日常

「異文化適応」というより、「成人年齢を過ぎても大人になっていない、ある留学生の社会化」といった方が相応しいかもしれない

太陽に沈まれた空

研究室から眺められる夕空を撮り続けている。あまり変わらない景色なのに、なぜ撮り続けているかと自分でも考えてしまう。皆さんは、1秒前にまだあるのに1秒後になくなってしまう、太陽の沈む様子を見たことがありますか?私はそれを見るたびに悲しくてならなくなる。それでも見たくなる。太陽...
1つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。