見出し画像

こちらこそ、お世話になりました。

今日で1年3ヶ月働いた場所を去ることになった。思いもしなかった盛大な“退職式”をいただいた。

最初は2人の選手が来て、1人の選手にいきなり「ありがとうございました」と言われた。何ということかわからないまま、「お疲れさまでした」と言われて、あー、今日で最後のことをわかってくれたんだとやっと思い知られた。スタッフの方々以外に誰も知らないと思っていたので、びっくりしたし、恥ずかしかった。ちゃんとした返事もできなくて、微笑んでいただけだった。もう一人の選手に「悲しいです」と言われて、終わる実感が湧いてきた。

それだけでいいと思っていた。しかし、夕飯を食べているとき、監督さんがマネージャーさんに連れられて来られたときに、信じられなかった。「お世話になりました」と監督さんに言われたときに、呆れてて何にも言えなかった。「もうここ飽きたですか」と言ってくれたり、上司の方と言葉を交わしてくれたりしたら、やった我に返って「こちらこそお世話になりました」とひとこと言えた。それは本当だった。来られるときに必ず「こんにちは」、帰られるときに必ず「ごちそうさまでした」と言ってくれるし、お土産は何度もご自身で渡してくれるのが監督さんだった。背中を見せる監督さんを尊敬していた。そんな方にお礼をいただけるなんて想像もしなかった。

それが身に余る光栄だった。それだけで十分だと思っていた。ところが、さらに思いつかない展開が私を待っていた。仕事中にマネージャーさんにいきなり名前が呼ばれて、目を向けると、10人ほどの選手たちが入ってきた。うそ?まじ?どういうこと?疑問に思う言葉がポンポンと出てきた。でもそれが夢じゃなかった。現実を受け入れるしかないと思ったが、みんなの前に出られなかった。幸いなことに、やさしい上司の方が隣にいて「行ってあげよう」と背中を押してくれた。それでも恥ずかしくて、全員に目を合わせるのができなかった。主将の方からプレゼントを受け取った。すぐでもその場から逃げたくて、何歩も退いたら、上司の方に「一言を」と言われて、それで初めてお礼を言った。言っている間に、壁に隠れた顔を見ようと体を前に傾ける選手の姿も目に入ったが、どうしても自分を前に出せなかった。せっかく集まって来てくれた選手やマネージャーの方々に大変失礼なことをしてしまった。

ほかにも、「今日で最後ですか?」と聞いてくれた選手、首を曲げてもわざわざ私に「ごちそうさまでした」と言ってくれた選手、「ごちそうさまでした」と言った後に目を合わせて「ありがとうございました」と言ってくれた選手、言葉にしなかったけど、いつもより協力的にしてくれた選手、会えなくてメールでお礼を言ってくれた選手がいた。

自分がこんなことまでしてもらえる人間だと思わなかった。だから、してもらったときに嬉しく思うより、そわそわとしていた。そして、それに素直に対応できなかったのもそれによるものだ。

今日の"退職式"は慣例であるとわかっている。しかしそれは私にとって特別な意味を持っている。私にとってそれが一つの通過儀礼だ。それを通った私が大人に一歩近づいた気がする。私は人にやさしくしてもらえる存在である、と思わせていただいた方々にありがとうございますと伝えたい。おかげさまで、私はもっと素敵な人になれると信じている。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

研究の世界を窺う一留学生の日常

「異文化適応」というより、「成人年齢を過ぎても大人になっていない、ある留学生の社会化」といった方が相応しいかもしれない

彼は野球選手!

彼らが練習しているのを見るたびに、自分と違う道を選んだ人たちだなとか、自分は彼らとはどこが違うかなと考えてしまう。しかし、最近は、実は彼らとは同じことをしてきたかもしれないと思うようになった。というのは、彼らは「野球一本」でやってきたように、自分は「勉強一本」でやってきた。...
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。