The Full-Stack Designer

能力と念願が想定されているデザイナーの定義からずれているデザイナーを通して、自分がどういうことをやっているかとなぜそういうことをやっているかは伝えにくい。他人の期待を無視して、自分が目指していることとなぜそれを目指すのかを深く考えました。そうして私はFull-Stack Designerになりたかったのだと気がつきました。

Full-Stack Designerとは

単純に言えばFull-Stack Designerはコンセプトを作って、完成されたプロダクトを納品することができる人物のことです。優れているプロダクトは必ずこの順序で作られます:

概念/戦略 → デザイン → 実現


Full-Stack Developer × Full-Stack Designer

Full-Stack DesignerとFull-Stack Developerの区別は簡単です。Full-Stack Developerは開発能力を高めるために幅広く、多分野のテクノロジーを理解することを目的としています。Full-Stack Designerの目的はより良いデザインとプロダクトを作るためにプロダクトが作られるプロセスをもっと理解することです。

Unicornになる必要がない

Full-Stack Designerとして活動するということは、プロダクトを作る時にいつもすべての役割をするわけではありません。正しい必要があればその役割ができる能力を持っています。英語で「Unicorn」という用語の意味は、デザインと開発など何でもうまくできる人物のことです。全てのことを上手くできることはかなり難しく珍しいことです。Full-Stack Designerとはそういうことではない。限られた分野を得意にして、それ以外の分野に平均的なレベルの能力を持つことがFull-Stack Designerの目的です。全て上手くできるわけではないが、リリースができるほどのクオリティがあるプロダクトを作れる。プログラムを書くことは必ず必要なわけではなく、汗を流して動いていることさえできればいい。

自分のためではない

自分が持っている能力がわずかにしか利用されなくても、Full-Stack Designerになることで皆を応援することができます。Full-Stack Designerとして活動するということはプロダクト開発のプロセスを理解した上で、プロダクトに有益を与えるデザインが作られ、チームの効率を上げることができます。より効率良い作業ができるだけではなく、多くの学問領域にわたり各チームメンバーの言語を喋られるようになります。

なぜFull-Stack Designerになるのか?

デザイナーがパソコンやスケッチブックの後ろに隠れ、自分のデザインがどのように実現されることを気にせず作る時代が終わりました。時代が変わったので想定されているデザイナーの技術だけを学ぶことより他の分野から技術を身につけないとなりません。デザインの耽美的な要素より成長しないことにすることとは自分の成長を止めることです。エンジニアとディレクターが自分のデザイン力を磨き役割滲んで、デザイナーがデザイン意外なことをできるようになるプレッシャーがあります。

まとめ

要するに、よりデザイン能力を成長させるには、デザインに集中することよりデザインに繋がっていることにフォーカスすることだ。逆と感じるかもしらないが、プロダクト開発のプロセスにはデザイン以外の要素がどれほどデザインに影響を与えるかを理解した上で、大まかな構成が見えるようになる。総合的なプロセスを理解するに連れて、自分のデザイン能力が高まってゆく。

これはFull-Stack Designerの理念だ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

Corey Lee

Design Thinking

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。