Re: (non title)

そしてこちらは夜です。しんと涼やかでひっそりとした、宇宙のような夜です。
久しぶり。元気にしていましたか。


僕は最近とっても元気にしていたのに、ここ数日、理由もないのに とってもさみしい。
べつに疲れているわけでもかなしいわけでもないのになぜだか泣きたい気持ちで、自分でもどうしちゃったんだか、こまってしまいます。

それは秋のせいかしら。
それともちょっとずつ、いろんなことに、折り合いをつけてきたせいかしら。

大人になってから10年が過ぎたけど、僕はいまだにこんなふうに、どうしようもなく卑小です。
たくさんのことがへたくそで、ふわふわとして、不確かです。

それをいとしく思うこともあります。みじめに思うこともあります。
それでいいよと言ってくれる人もいます。もっと頑張れと言ってくれる人もいます。
僕の周りの人らはみんなしゃんとして、他人をおもんぱかりながら、自分のすべきことをしているようにうつります。
誰も見ておらずとも光る星々のようで、孤独なミッションを続ける惑星探査機のようで、時折なみだが出そうになります。


世界があまりにもすばらしくて、僕はときどき、恥ずかしくなります。
それさえうれしく思ったりもします。




僕は来月、もうひとつ大人になります。
それにきっと意味はない。
だけども君が、これは重ねた歳月だから。
それだけだから。


言葉遊びじゃ人生は見抜けない。
でも今でも分かるよ。
だから今でも、言ってあげる。



それじゃあ、またね。
そろそろケフェウスの季節だね。

この続きをみるには

この続き:0文字

Re: (non title)

小李ちさと

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート分は、各種制作活動の材料費&研究費に使わせていただきます(・∪・) その他「○○やって」「○○に行ってレポート書いて」などのリクエストがあれば教えてください!

てれちゃうなー
6

小李ちさと

Letters

君に手紙を書きたくなったら。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。