女友だちへのプレゼントはオオゼキで調達する【前編】

「女友だちに、プレゼントを贈る」。

貴方は、どこで、どのようなものを、調達するだろうか。
もちろん、その相手と場面によって“適しているプレゼント”は変わるものだ。

しかし、わたしは振り返る。
30歳手前になろうという頃から、女友だちに贈るプレゼントの、意味、意義、立ち位置、目的、・・・そのもの自体が、段々と変わってきたような気がする、と。


若いころは「相手が必要そうにしているもの」だったり、「相手に似合うもの」だったり。そういうものをプレゼントに選んでいた。渡す場面は誕生日のお祝いや、何かしらの“祝い事”の場面が殆どだ。

しかし年を重ねるにつれ、訪れる変化。
周りの女性陣は「欲しいものは、じぶんで買う」ようになる。わたしだってそう。働き出してしばらくすると、欲しいものは自分で揃えられるし、逆になかなか手が出ない高価なものは、友達に頼めるプレゼントレベルではない。そんな風にして、30前後になる頃から、「友だちからプレゼントでいただきたいもの」のバリエーションが減っていくーーー

また、プレゼントする場面。これも多いに変化する。
年々、友人の誕生日ごとに集まってお祝いする難易度は上がっていく。仕事が忙しかったり、趣味があったり、ライフステージの変化が出てきたり、と、仲間で予定を合わせることが難しくなるものだ。仲の良い友だちでも「ひさしぶり〜!!!!ねぇ最近どう!?」と近況報告だけで2〜3時間あっという間に過ぎてしまうような頻度でしか会えなかったり。でも、それがオトナな女性の集まりなの。ねぇ、そうじゃない?(誰)


友だちとの集まり方が変化してくるなか、突如登場する新しいプレゼントの形がある。以下、名付けて、


「ちょっとしたもの」プレゼントだ。


またの名を「ほんのきもちなの」プレゼントともいう。



これは相手に見返りを求めない、ちょっとした“差し入れ”に近いプレゼント
カバンから取り出し渡した際に、「え!どうしよう、わたし何も準備してないの!」と、その日何も準備してなかった相手に気を遣わせて恐縮させたくない。久しぶりに会う仲良い友達ならば、「今年の誕生日まだ何も渡してなかったし〜、ほんと“ちょっとしたもの”だけど!」と、4〜5ヶ月前の誕生日プレゼントの代わりにも渡したりする。

とにかくこの「ちょっとした、ほんのきもち」プレゼントを渡す場面が、頻繁に訪れるようになるのだ。(これはオバさん化現象か?)


では、「ちょっとした、ほんのきもち」プレゼント調達における重要ポイントを、以下、わたしなりにまとめてみたい。

◎価格帯は1000〜2000円程度
複数人同時に会うときは4〜500円程度の場合もある
持ち運びが楽
出先で渡す前提のため、軽いもの、かさばり過ぎないものを。小さなバッグの人もいるので、袋があると便利
消えモノオススメ
(消えない)モノをプレゼントする場合、よっぽどその人の趣味や持ち物を把握してないと微妙にストライクゾーン外しがち
「食」にまつわるものオススメ
結局、どんな女子でも(男子でも)共通話題って濃淡はあれど食。食は外さない。食べない人はいない、止まない雨もない
敢えての気軽さが伝わる
ガチガチに包装されたりしてなくて良い。見た目から気軽さを伝えたい
「ハッ!やばい!会うの明日だ!」という状態から、すぐに調達できる
繁華街やデパートに行かなきゃ買えないものだと準備のハードルがぐっと上がってしまう


「ちょっとした、ほんのきもち」プレゼント調達における重要ポイント、以上6つを総合的に加味すると、たったひとつのソリューションが浮かび上がる。


「オオゼキ(スーパー)で調達する」ソリューション、である。



わたしが知りうる限り、「ほんのきもち」プレゼント調達ソリューションにおいて、これがトップオブトップのアイディアだと思っている。なんといっても最大で最高の理由は、日用品の買い物ついでに調達ができるという点。調達する側の調達ストレスと時間が大幅に軽減されるのである(結果的に一番大切なプレゼントの“気軽さ”へと道は通ずる)。

以前オオゼキnoteに記したが、オオゼキには「見たことのないこだわりの逸品」が、一般的な商品といっしょに並んでいる。
オオゼキの陳列棚には、「日常と非日常が同居」しているのだ


プレゼントする相手に、

“自分が日常使いしてるもの(日常)”を「これよく使ってるんだけど、美味しいよ!」と渡してもいい。

“すこし値が張るこだわり逸品(非日常)”を「これあまり見かけないよね!自分だとなかなか買わないからどうかなと思って!」と渡してもいい。


そのどちらも叶う場所、それがオオゼキ。
オ  オ  ゼ  キ  な  の  だ。



「いやいや、そんなこと言われても。じゃあオオゼキで調達したプレゼントってどんなものよ」

ーはい、グッドクエスチョン。ありがとうございます。

ここからは、私まつしまが、オオゼキで実際に調達したプレゼントをご紹介したい。タイプが違う4人の友人に対し、それぞれに適したプレゼントを見繕う。

【前編となる本note】では
①“歩く女子力” 愛され女子のH奈ちゃん
②“センスが光る”こだわり派のM子さん

【次回note後編】では
③“かっこいい生き様”バリキャリのY華ちゃん
④“多趣味で雑学王” サブカルオタクのA美氏

以上4人へのプレゼントを順次紹介していく。
このnoteを読んでくださっている方々が、今後オオゼキでプレゼントを探す際の参考となればこれ幸いである。



①“歩く女子力” 愛され女子のH奈ちゃん へのプレゼント

まずはこのH奈ちゃんの特徴を。(一部まつしまの勝手なイメージ含む)

・髪はロングでウェーブかかっている
・ネイルはいつもちゃんとしている
・スカートが多い
・パステルカラーの服が似合う
・美容系情報に詳しい
・食やスウィーツなどなにかと情報通
・読んでいる雑誌は「Sweet」「美人百花」「stedy.」
・口癖は「肌に良さそう〜」「すごくかわいい〜!」

皆さんの周りにもこのようなタイプの女性がいないだろうか。髪先から指先まできちんと配慮が行き届いている“歩く女子力”な彼女。

彼女のプレゼントにおけるキーワードは
「女子ウケするビジュアル」
「健康や美容に効果がありそう」
だと判断。以下のものを見繕ってみた。


【1】パンケーキとはちみつセット
女子の代名詞「パンケーキ」。こちらは素材こだわりの九州パンケーキをチョイス。普段、料理をする人もしない人も、これなら週末の朝ごはんやおやつタイムにちょっと焼いてみようかな、というきもちにさせてくれる可愛らしいビジュアルであることもセレクト理由のひとつ。
健康・美容を考慮して、パンケーキ以外にも日常的に使えるはちみつもセットで。女子はもれなくはちみつ好きだと思ってますが、間違いないですか?


【2】バルサミコドレッシング
はい、美容意識高い人は、大体サラダとともに生きてます。ドレッシングやオリーブオイルが必需品。今回はこちらのバルサミコドレッシングをセレクトしてみた。瓶のウラの説明文、「鴨ロースやローストビーフ等のソースとしても」の一言にズキュン。鴨ロース食べてそう・・・赤身肉食べてそう・・・そんなイメージも膨らみ、また、使い方バリエーションの多さから、“間違いない逸品”と判断。


【3】お菓子
お菓子はどのタイプの女性でもプレゼントとして外れなし。チョコレートやクッキーは大体間違いない贈り物。(ダイエット中などの場合は注意が必要)
「コンビニで買えるけれど、少しお高いので自分で購入は控えてしまう」タイプの周知率が高いお菓子セレクトでもOK。
だけど今回は、「え?オオゼキで買ったの?スーパーの?」という言葉を聞き出したい欲も相まってこちらを。普段は百貨店デパ地下の贈答品コーナーに並んでいる“赤い帽子のクッキア”。デパ地下で買えるものがオオゼキで。ここではチョコやクリームなどの甘々タイプではなく、全体のバランスを見て、敢えての抹茶味をセレクト。


以上4品で2000円弱。予算によって、この4つの中からいくつかに絞るのもアリである。ポイントは前記の通り「女子ウケするビジュアル」「健康や美容に効果がありそう」を意識したラインナップで揃えたこと。全体的な華やかさを損なわず、まさか「オオゼキで買った」とは信じがたいプレゼントになっている。(自分でいう)


②“センスが光る”こだわり派のM子さん へのプレゼント

続いて、M子さんの特徴を。(一部まつしまの勝手なイメージ含む)

・髪はボブやショートヘアが多い
・太めのジーンズやゆるいワンピースが多い
・ボーダー服、ビルケンシュトックは必ず持ってる
・職人のこだわり商品など好み
・読んでいる雑誌は「FUDGE(ファッジ)」「&premium」「OZマガジン」
・口癖は「素材感が好きなんだよね〜」「生産者の顔見えるの安心」


この手の女性は自分の好きなものがハッキリしているので、フィットしないプレゼントをあげてしまうと申し訳ない展開になりがち。食品においても素材や産地などをよくチェックしているし、“本物”に対するこだわりや信頼が強い

彼女のプレゼントにおけるキーワードはこうだ。
「こだわり素材の逸品」
「余計なものはいれない」
以下のものを見繕ってみた。


【1】オーガニックトマトピューレ
イタリア産の有機トマトを使ったトマトピューレ。200gずつ3パック入っているという小分け感も使い勝手がよくて嬉しい。パッケージもほどよくオシャレで、目が肥えたM子さんにも気に入ってもらえそう。箱は薄くてコンパクト。M子さんが持ち歩くリュックにも難なく入って持ち帰りに苦労しないバランス感の高い商品だ。


【2】くるみバター
なんと動物性のバターを一切使用せず、穀物やナッツをペースト状にして作られたという長野県の会社・サンクゼールの商品。素朴でやさしい甘みのバター。パンやクラッカーなどに載せて食べたり、根菜系のサラダに和えたりなど、楽しみ方は自由自在。完全マクロビ思考ではないものの、マクロビスウィーツなどにも興味を示すM子さんにはオススメ商品だ。


【3】(おやつ枠として)千葉県産の落花生
健康を意識しながら、また、余計なものを一切取り払った自然派なおやつとして。ご主人の晩酌のおつまみにもしても良い。もしスーパーで見かけることがあっても、千葉県産落花生はまぁ値段が張るため、わざわざ自分で調達しようとは思わない。だからこそ価値あるプレゼントとなること、間違いなし。ダイエット中の場合のおやつとしてもGOOD。


以上3点で1700円強であった。オーガニックや素材そのもの由来の商品を中心に選びながら、ぱっと見のパッケージ色合いやデザインが、ナチュラルテイストで親近感が湧くものを。ほかの商品候補としては、お茶やコーヒーなども有力だ。お茶は、日本ブランドの煎茶や少し珍しい和紅茶、コーヒーであればフェアトレードコーヒーなども、この手のタイプの女性にはフィットするはずである。


*****


以上、まずは前編として、タイプが違う2名の女友だちに贈るプレゼントをその理由とともに紹介させていただいた。


いま、「オオゼキでまさかここまでのものが揃うのか!」と驚いている貴方。

驚くのも無理はない。なぜならオオゼキはスーパーだから。「日用品を買う」スーパーマーケットだから。プレゼントを見繕う場所ではない、と思われて当然である。


しかし、時代はいま、「プレゼント」の価値変革を迎えてはいないだろうか。

百貨店や蔦屋書店、またプレゼントを調達しやすい雑貨店でも、こだわりの食材などがラインナップ・クローズアップされ、見たことがないパッケージデザインの素敵な“消えモノ商品”がたくさん取り上げられている。

そう、「モノより、消えモノ」。

プレゼントは消えモノ戦国時代に入っている。そして、その消えモノが一番揃う場所はどこか?・・・言わずもがなオオゼキ(スーパーマーケット)である。

プレゼントの価値変革とともに迎えるべきは、「女ともだちのプレゼントはオオゼキで調達する」という新しい文化だ。今いちど、時代の変化を捉え、新しい一歩を踏み出そう。

大切なひとへの贈り物は、どこで買いますか?

もちろん、オオゼキです。


【前編、終】


※次回は残り2名の友人へのプレゼントを紹介しつつ、ラッピングや渡し方についても書きたいと思います。(1週間後に公開予定)
→【追記】後編コチラで公開しております!
→【追記】ラッピング記事についてはコチラ

協力(イラスト) : 南山桃子   https://www.minamiyamamomoko.com/profile

【補足】今回勢いつきすぎてデザイン外注しちゃいました!サポートいただいたら泣いて喜びます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

十八番(オハコ)料理教室主宰、兼、生徒。 「作り継がれた料理は、かならず美味しい」をモットーに、日々、色んな方(一般の方)の“十八番料理”を習う旅に出ています。人の料理の歴史、想い、ストーリー。美味しいレシピ以上の出逢いを紹介しています。

励みになります!ありがとうございます😊
259

非公式noteオオゼキ部 & スーパーマーケット研究部

#非公式noteオオゼキ部 #非公式スーパーマーケット研究部 とにかくオオゼキについてかかれている記事をpickupしてオオゼキの理解を深めるマガジンです。 さらに比較対象として、各地のスーパー他店情報についてもpickupし、スーパーマーケット研究を深めていきます。
7つのマガジンに含まれています

コメント11件

ふむふむさん☺️こちらのくるみバター日常使いでしたか🤣いやはやさすが‼️私もプレゼント買いしたので食べたことなくて!今度試してみます!かぼちゃサラダとかに混ぜても美味しそう!
かぼちゃサラダステキ🎃
実家に帰省した時に八ヶ岳アウトレットの店舗で試食したらハマりました!
トーストに塗るだけで朝食がカフェっぽく格上げです。
他にもきなこバターとか種類があるのでおススメですよー!
ふむふむさん💕サンクゼールさん、かなり皆さんに人気だということがわかりました😆これから色々試してみますね〜!それにしてもパッケージが可愛い。
最近なかなかnote書けていなくて遅くなりました💦
サンクゼールハズレなしなんですよね。私もオオゼキツアーに行きたくなりました。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。