わたしの趣味は、オオゼキです。

スーパーオオゼキが好きだ。

スーパーオオゼキに売っている商品の質の高さが好きだ。

スーパーオオゼキで働いてる方々の気持ち良さが好きだ。

スーパーオオゼキが好きだ、と言ってる人が好きだ。


これは、ただの、なんてことのない、フツーの34歳主婦が、「好き」という情熱だけでは伝えきれないスーパーオオゼキの素晴らしさについて、非常に身勝手な私見と偏見を綴ってみるだけのnoteである。


スーパーオオゼキの素晴らしさ① 「モノが良い」

食品スーパーにおいてかかせないもの、それは「モノの良さ」である。いくら価格が安くとも、モノが悪いと、結果的にあまり顧客は定着しない。

友人で、2駅電車に乗ってまでオオゼキに買い物にくるツワモノがいる。まずは彼女の名言を紹介したい。オオゼキの魅力が一言で伝わる。

「Aスーパーは安いがモノが良くない、野菜などは2〜3日で腐ってくる。Bスーパーは高いがモノはいい。1週間くらい待つこともある。オオゼキは安くてモノが良い。野菜も鮮度がよく、滅多に腐らない。ゆえに2駅電車に乗ってでもオオゼキに行くの。」

現代の核家族家庭において、野菜などを買い置きして、数日かけて使いきる家も多いのではないか。忙しい共働き家庭ではまとめ買いは当たり前。そうなると安いだけでなく、「モノが持つ」ことは重要である。結果的にコスパに跳ね返ってくることを主婦は知っている。世の中の主婦は賢い。決して簡単には騙されない。

何よりオオゼキは「いいものが、安い」。「いいものなのに、安い」。これがすごい。オオゼキは、私たち主婦たちに二兎も三兎も追わせてくれるのだ。あの場所には、夢が詰まっている。

オオゼキのモノの良さは主婦だけが認めているわけではない。なんと、オオゼキ周辺で、人気店と名が高い飲食店のシェフたちが自ら買い物に来ている姿をよく見かける。魚コーナーには、一般家庭の夕食に並ぶことは想像できないような立派な魚たちが所狭しと並んでいる。まるで市場…。そう、オオゼキは「スーパーの形態をとっているが、実は市場」なのだ。

ここで一つ、完全なる個人のおススメ商品を紹介したい。我が家は夫婦揃って豚肉が大好きなのだが、オオゼキで取り扱っている「どんぐりの恵み豚」という宮崎・鹿児島エリアでどんぐりを飼料に育てられた豚の甘さについては、言葉を失う。豚とは本来「甘いのだ」ということを教えてもらった逸品である。豚好き夫婦としては各地の名産と言われる豚々を頂いてきたが、未だ嘗て、オオゼキの「どんぐりの恵み豚」を超える豚肉に出逢ったことはない。生産者の深い愛情を感じる味である。この場を借りて、日々どんぐり豚を育てている生産者の方へお礼を言いたい。本当にありがとうございます、これからも応援しています。


スーパーオオゼキの素晴らしさ② 「働くひとの魅力」

昨今、アルバイトやパートタイマーの人材の確保および定着はスーパーや飲食店において死活問題であろう。労働人口が減少する中、まずは人材の確保が最重要とされるはずである。しかし、スーパーオオゼキはおそらくその上のレベルで勝負をしている。

オオゼキで働く方々はほぼ全員がプロである(と私は感じている)。レジ打ちの速さはトップクラス、袋に詰めてくださるスピードと順序には目を見張る。それがほぼどのレジに並んでもそうであるから、それがすごい。どのように教育をしているのか、またどう定着させているのか、非常に興味深い。

オオゼキプロ伝説の具体例を以下に紹介したい。

以前利用していた上町店のレジ担当に、比較的ご年配のおばさまレジプロ・Mさんという方がいた。

とある日。このMさんのレジ列に、ご高齢で腰が曲がったおばあちゃんが並んでいた。おばあちゃんの順番が回ってくると、Mさんはレジ打ちのスピードを落とすことなく、おばあちゃんと世間話を始めた。この世間話は、レジ打ちスピードとは連動しない、非常にゆったりとした会話ペース。耳が少し遠いおばあちゃんにもきちんと届くような、穏やかでありながら、しかし、はっきりとしたとても心地の良い話し方だ。どうやらおばあちゃんは、Mさんを選んで、わざわざこのレジに並んでいた様子である。もはや「スーパーで日用品の買い物」の域を超えている。おばあちゃんは、Mさんとの「会話」のためにオオゼキに来ていると言っても過言ではない。「今日はあの話をしてあげよう、この服をきていこう、気付くかしら、どうかしら」と思いながら、オオゼキにやってきている(妄想)。これは完璧に「プロ」の仕事と言える。プロフェッショナル仕事の流儀にも出れるレベルである。


場所は変わって野菜売り場コーナー。初物として仕入れられているメロンの味について、店員さんの1人へ質問している顧客がいた。

「ねぇ、このメロンは美味しいのかしら」

横でこの質問を聞きながら、「いや、そんなことまで店員さんがわかるもんかね」と思っていた私はすぐにその考えを恥じることとなる。

「僕、味見してみましたけど、こっちよりこっちのメロンの方が今は甘いですね。もう少し置いたら、こっちも良くなると思うんですけど」

プロってる。

味見をしている。そして、その味と適切な時期について把握している。1店員さんでここまでするものなのか。侮るなかれ、スーパーオオゼキ。そうだ、ここは市場だった。


我が子を妊娠してお腹が大きい時期、いつもさっとレジには袋詰めしてくださる方が現れて、「お詰めしていいですか?」と聞いてくれた。

子供が生まれてからは、抱っこしていても、子供が歩くようになっても、同様に対応してくれた。これは心からありがたいサービスであり、子供の暴れっぷりに、ゆっくり買い物できずにストレスが溜まった状態でレジに並んでも、いつも帰る時には、オオゼキのホスピタリティに触れて、心がほんわかあったかくなった。感謝しかない。周りのママ友でオオゼキファンが多い理由もよくわかる。


スーパーオオゼキの素晴らしさ③「商品のヴァリエーションと提案」

スーパーにはそれぞれ「特色」がある。成城石井では高級食材や海外の珍しいお菓子などが取り扱われていて逆に庶民的な商品が少ない。サミットやライフでは比較的庶民的なラインナップが揃いやすい。

オオゼキの凄さは、商品のヴァリエーション(以下「ヴァリエ」という)がすごいということである。決して、売り場面積が広くたくさんのヴァリエを陳列できるという意味ではない。限られたスペースの中で、商品の“幅が広い”のである。調味料ひとつとっても、いわゆる高級スーパーにしか置いていない珍しい調味料と適度な価格設定の調味料が一緒に並ぶ。見たことがないこだわりの逸品も一緒に並んでいたりする。陳列棚を眺めているだけで、オオゼキから「商品提案」されているような気持ちになるのだ。新しい商品との出逢いもそこから生まれる。

息子を妊娠していた臨月期。私にとっての楽しみは「オオゼキに行くこと」であった。臨月の大きなお腹の妊婦が、オオゼキで2時間も滞在した日もあった。何をしていたか?…売り場を何度も何度も行ったり来たりしているのだ。例えば、こうだ。精肉コーナーでは、あまり調理したことのないスネ肉が売り出されている。そのスネ肉に美しさにうっとりし、どんな調理方法があるのか、スマホで調べる。「やっぱり調理したことないし、無理かな」と思い、一度売り場を離れる。しかしスネ肉の美しさを忘れられずにもう一度精肉コーナーに足を運ぶ・・・みたいなことを繰り返していた。

決して私が優柔不断で時間を持て余していただけでは?と思わないでいただきたい。

オオゼキの売り場から「提案」されるのだ。「この食材を使ってみたくはないのかい?」と。そしてその提案とその場で向き合うのである。できるかな、どうかな、やってみたい、やれるかな、無駄になったらどうしよう、でもうまくいったら本当に美味しいだろうな、と。未知の調理へのモチベーションが掻き立てられるのである。オオゼキにいるだけで、色んな料理をしてみたくなるのだ。料理のモチベーションの源泉は、オオゼキにある。


以上が、私が考える「スーパーオオゼキの素晴らしさ」のまとめである。簡単にまとめすぎてしまい、申し訳ない。


ここまできて、改めてオオゼキのホームページを覗いてみて、驚いた。(以下、オオゼキホームページのコピーより)


いち消費者の私が、売り場で“なんとなく”感じていたことは、全てこのオオゼキspiritに通じていた。

理念が浸透している会社や人は強い。「私たちはこんなことを大切にしています!」と日々アピールしなくても、理念が浸透している組織の行動は、必ずその通り顧客は感じ取る。「なんかいい」「なんか好き」の背景には、強い理念と覚悟があるのだということを、オオゼキは体現してくれている。

オオゼキで仕入れた食材で、美味しいものを作って、家族で食卓を囲む。たぶんこれが今の私の最上位な幸せの形なんだと思う。


はい。そうです。

私の趣味は、オオゼキです。


#オオゼキ #スーパー #料理 #食材

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポート、ありがとうございます!!! オオゼキ他店への取材費用に使わせていただきますね^ ^ いつかお会いできるその日には、オオゼキプレゼント授与🎁します。

励みになります!ありがとうございます😊
473

まつしまようこ

スーパーオオゼキnoteの主婦👩🏻 「ひとの十八番(おはこ)料理を習う」旅に出ており、沢山の写真とともに“十八番料理教室”を連載中✍️ 食/育児/膝/尿/雑多/#スーパーマーケット マガジン運営中🌈 http://twitter.com/yoko_matto

非公式noteオオゼキ部 & スーパーマーケット研究部

#非公式noteオオゼキ部 #非公式スーパーマーケット研究部 とにかくオオゼキについてかかれている記事をpickupしてオオゼキの理解を深めるマガジンです。 さらに比較対象として、各地のスーパー他店情報についてもpickupし、スーパーマーケット研究を深めていきます。
15つ のマガジンに含まれています

コメント50件

こんにちは!私もオオゼキが趣味です!買うものがなくてもついよってしまう。
オオゼキで物色している時って本屋でおもしろそうな本を探しているときの心境に近いんですよね〜
そこはかとないワクワク感がたまりません。
私の近所(関西)には、スーパーオオゼキがない(泣)
こっちにも拡がってほしいですw
sts_07さん☺️なんてこと!もうコメントの返信が遅すぎてほんとすみません!😭😭😭😭
まさに、本屋で面白そうな本を探している感じ……ありますよね!まだまだ未知の商品との出逢いがあるんだろうなぁと思いながら、じっくり見てると本当に何時間も過ぎてしまうので、困ってしまうオオゼキです😇😇😇
いつきんぐさん☺️コメントいただいていたのに、遅くなってしまい申し訳ありません!
オオゼキ、関東圏だけの、しかもある程度限られたエリアのようですよね🤔個店主義ということで、それぞれの店で仕入れなどもやっていることが魅力の一方、オペレーションを統一できたりはしないのでしょうね🤔🤔🤔
関東にお越しの際に立ち寄ってみてください☺️
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。