通奏低音


 熟田津の月夜を

 オルレアンの勝鬨を

 この身で感じる


 デンマークの川で

 フランスの精神病院で

 ドイツの劇場で

 呟かれた歌が聞こえる


 オフィーリアとカミーユに誘(いざな)われ

 わたしの胸がさわぐ

 誘っているカミーユは言う

 大丈夫、あなたは時代が違うから

 そしてわたしの頭を撫でる、正気のまま

 オフィーリアも微笑んで花を差し出す、正気のまま


 わたしはわたしの岬で

 誰にも聞こえない声で歌い継ぐ

 先んじた人びとの歌が途切れないように

 聞こえる子が現れたときのために


 勇ましい声で言祝いだ二人は

 静かに見守っている

 まつりあげられることをおそれるなと

 あきられることをおそれるなと


 タバコとコーヒーを手にしたピナは

 遠くに煙を吐き出す

 こうやって世の中をたばかるのだと

 手を動かす


 あちらに待ち人がいる、行けと

 白い光が遠ざかる


 歌だけをのこして

 Je chante Saudade avec...

この続きをみるには

この続き:0文字

通奏低音

coyoly

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

coyoly

Une femme est une femme?エクリチュールについて日々考えています。 http://www.coyoly.org/

随想 ーー心を澄ますーー

心の奥底に潜む声を掬い上げるエッセイ・詩など
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。