エントリーはここ!利確はここ!スパイクからはじまるチャート攻略法。

こんにちは!くりぷです。

朝起きて、もしくは仕事が終わって、「よーし、トレードするぞっ」とチャートを見た時、一番はじめに何を見ますか?

わたしはまず『直近のスパイク』を探します。
スパイクの後の流れでいまの相場状況をパッと判断することができるからです。

スパイクとは、同じ方向に伸びた1本もしくは数本の足で形成されたトレンド足のことです。
チャートをパッとみて「おっ一気に大きく動いたな、ココ」と思うところがスパイクです。

スパイクのあとは3パターンに分けられることが多いです。

実は、スパイク直後のパターンを見極めるだけで、グッと動く美味しいところだけポジションを取ることができるのです。
エントリーと同時に利確目標と損切りラインも見えます。
このnoteでは、その3つのどのパターンになるかをどこで見極めているのか、どこでエントリーして何を根拠に利確しているのかを、実際のチャート検証画像と共にまとめました。

このスタイルは、毎日ひたすらチャートの勉強を重ね、上手な人の話をたくさん聞きながらトレードをし、いろんな手法を取り入れて切り捨てて作り上げたものです。
秘密のマイルールも公開しています。読んでください。

目次

1. パターンA『スパイク&チャネル』
2. パターンB『トレンドを伴ったレンジ』
3. パターンC『細かいレンジ』
4. スパイク直前にエントリーしたい!

掲載チャート

・ビットコイン / ドル
・ドル / 円
・ユーロ / ドル
・ポンド / 円
・日経225 / 円
・原油 / ドル
※ 現物、BTCFX、為替、商品、どの市場でもどの時間の足でも通用します


パターンA

パターンAは一番利益が取りやすいパターン、『スパイク&チャネル』です。

『スパイク&チャネル』パターンの特徴は下記の通りです。

陽線(上)のスパイクだった場合

①スパイクは大きい!早い!重ならない!の三拍子
②前のレンジを上にブレイクアウトする
③陰線のスパイクが出ない
④押しが小さい

この4つに当てはまった場合は「あっ!スパイク&チャネルかも!ラッキー!」と思ってOKです。
このパターンは一番流れが掴みやすいです。

グッと上がってちょっと押してがっがっがと最高値更新
↑これが『スパイク&チャネル』の動きです。

このチャート、結構よく見ますよね?

『スパイク&チャネル』でのエントリーのマイルールは下記の3つです。

①スパイク&チャネルの特徴を満たしている。
②ストキャスティクスRSIでダイバージェンスが発生している。
③足が確定してからエントリー。


※ダイバージェンスとは、チャートとストキャRSIが逆の動きをしている現象です。
チャートは安値を切り上げて上昇しているのにストキャRSIは下降トレンド(逆もしかり)の時に「ダイバージェンスが発生している」と言います。

なるべくなるべく損したくないので、かなり確度のいいところでしか入らないようにしています。

利確する目標は「メジャードムーブのライン」です。
※メジャードムーブとは、スパイクの始値から終値(もしくは高値、安値)と同じ長さのぶんだけ上に伸ばしたラインです。

2018年11月28日のビットコインチャートです。
(チャート1)
レンジからグッと大きいスパイクが発生したあと、少しヨコヨコしている間にストキャRSIでダイバが発生。
安値を切り上げつつ2本の足による反転足(前の陰線より大きい陽線)が出たのでロングでエントリー。3プッシュのチャネルが続いたあとにメジャードムーブのラインに到達したので利確しました。


2019年1月8日の原油チャートです。
(チャート2)
レンジからブレイクアウトした後に少し押し、直後に大陽線のスパイクが発生。
少しヨコヨコしている間にストキャRSIでダイバが発生。
3本の足による反転足(陰線→コマ足→大きい陽線)が出たのでロングでエントリー。
3プッシュのチャネルでメジャードムーブに達したので利確しました。


陰線(下)のスパイクだった場合

陰線のスパイクだった場合は陽線のスパイクだった場合の逆バージョンとなります。

①スパイクは大きい!早い!重ならない!の三拍子
②前のレンジを下にブレイクアウトする
③陽線のスパイクが出ない
④戻しが小さい


チャートには重力が働くと言われるように、価格が上がるスピードより下がるスピードの方が早いため、下落トレンドの方が一気に利益を取れる可能性が高いです。

エントリーでのマイルールは陽線の時と同じで、

①スパイク&チャネルの特徴を満たしている。
②ストキャスティックスでダイバージェンスが発生している。
③足が確定してからエントリー。

利確目標は「メジャードムーブのライン」です。


2018年12月14日のドル円チャートです。
(チャート3)
レンジからグッと大きいスパイクが発生したあと、少しヨコヨコしている間にストキャRSIでダイバが発生。
高値を切り下げていいコマ足が出たのでショートでエントリー。
3プッシュのチャネルが続いたあとにメジャードムーブのラインに到達したので利確しました。


2018年11月16日の日経225チャートです。
(チャート4)
上昇トレンドが終わった後に大きい大陰線が発生。
下ひげをつけたため反転するかと思いきや、その後も陰線が続いてだらだら下げたので下への勢いがとても強いと判断。
さらに少し戻したところでストキャRSIでダイバが発生。
2本の足による反転足(前の陽線より大きい陰線)が出たのでショートでエントリー。
3プッシュのチャネルが続いてメジャードムーブに達したので利確。


この『スパイク&チャネル』はメジャードムーブまで達したあとにすぐ新しいエントリーチャンスが出現することが多いパターンです。

==================================

ここまでが無料部分、ここからは有料部分となります。
この先、パターンAの『スパイク&チャネル』の次の動き、パターンB、パターンC……と続きます。
パターンAだけ知っていても市場ではほとんど通用しません。
どのパターンになるか見極めるのが損しない秘訣です。
よければぜひ続きをどうぞ( *・ω・)⊃

==================================

この続きをみるには

この続き:5,592文字/画像16枚

エントリーはここ!利確はここ!スパイクからはじまるチャート攻略法。

くりぷちゃん

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

450

仮想通貨

9つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。