ふつふつとした想いの整理を...

サロンの活動が少しばかり落ち着いた一方で本業が忙しくなってきた。

いや、正確にはずっと本業は忙しかったのだけれど、もらい事故的にサロンでの作業に追われた2ヶ月弱だった、と言うのが正しい表現かな。やりたいことでも出来ることでもなく、ただ、

”迷惑かけちゃいけない”

ただ、それだけ。
次々に降り注ぐイベントやプロジェクトはとても興味深く、本業に活かすべく積極的に関わったものの、残念ながら、コミットできず。また、思うような進捗でもなかった。期待しているものと違ったり、もどかしさを感じたり、なのでプロジェクトも部の活動もフェードアウトしてしまった。

積極的にコミットして進めていくと言う選択ももちろんあったと思うけれど、そこまでできない。
だって私はリアルにクライアントさんのビジネスの成功に向けてサポートしていて、コミットするのはクライアントさんに対してするもの。そして、社団法人の理事として、こちらへコミットしている。他にも実現したいことは明確にあり、着実にそこに向けて進んでいる。

リアルなビジネスの現場で課題解決をしていると、サロン内で生まれる声と結びつけられたらと言う思うことがしばしばあるものの、残念ながら、そこを結びつけられるだけの思いが成熟していないと感じていて、今はその時期ではないなと言うのが現時点での結論。きっと、ここにいるメンバーの無垢な部分がより効果的に働くこともあると思うけれど、自走してもらえないことには、手をかけていられる状況にない。指示待ちタイプの人を育てる余裕はない。会社じゃないから、一から育ててあげるなんてない。自分でのし上がって来た者としか、やはり一緒にはやれないんだよね。

サロンについては当然のこと。だって、サロンはまだ3ヶ月にも満たない。これから自分のやりたいことを見つける、やりたいことを実現する方法を探している、これからのメンバーが多いから。だから、ビジネスに取り組むスピード感も違って当然。

サロンにはそんな空気を感じる。

そして色々落ちついて考えると、”物足りない”

言ってみれば、組織で動いたことで自分の特性に気づく機会になっているし、他者と協力してものごとを進めて行くことも、組織経験の少ない私にはとても参考になっている。

でも、”物足りたい”

そんな思いが募っている今日この頃、これまで価値を見出せないでいた、とあるサロンに目が移った。そもそも、遅かれ早かれそのサロンには入りたいと思っていたけれど、物理的な問題で断念していただけ。併せて、欲しい物、ズバリ、スキルと欲しい人脈が得られるサロンを探そうって考えるようになった。

物理的な問題は超えられる、今回サロンに入ってみて感じることができた。そして求めてるスキルが得られる、満足感を得られるところが他にありそうだと言うことも見えてきた。

自分のビジネス、社団法人のビジネス、これらのワクワクを超えるワクワクがサロンで得られる訳ではないことも、改めて気づいた。

これまで、いくつものプロジェクト立ち上げに関わって、献身的に取り組んで来たものの、やる気の搾取とまでは言わないが、永続的なビジネスにはならず、振り回された感が残っている。もちろん、それらも今となっては良い経験だけれど、それらを通して感じたことは、

”自分のビジネスを立ち上げる”

他人のビジネスに乗っかっている以上、自分の決断の及ばないことは多くあり、どうしても振り回されてしまう。自分の人生が他人の決断に左右されることに、とても大きなストレスを感じるから、私は本気で起業と言う道を選んだ。

だから、サロンでの活動に満足感を求めるのは違っていて、当初考えていた「商工会議所的に情報収集する場」と言うポジションも、自身が収集すべき情報が他にあることにも気づいた。

一般的に、情報収集と人脈を得るために入る商工会議所。
確かに、サロンには情報はあった。日頃、出会わない人とも出会った。そこは確かに面白い。面白いけれど、もう、コミット出来る状況でもメンタルでもなくなってきた以上、今後のことは考えないといけない。

ROM専で良かったんだけど、もらい事故がきっかけでそうは行かなくなり、今さらROM専と言うのも、申し訳ないと思う。だってROM専って動いている側からすると、どう対応して良いのか分からないから。

私のように見てたいだけ、それで良いのか、声を掛けてくれるのを待っているのか、はたまたサロンに在籍している事実だけで良いのか、その辺りが分からないから、ROM専って難しい。主要メンバーがROM専になり、メッセージもスルーされ、かなり迷惑を被った身としては、ROM専になることさえも難しく考えてしまう。きっと、そこまで考えなくて良いんだろうけどね。性分ね、これ。

 クラアントさんの事業も速度が増して来た。

 私の仕掛けているプロジェクトも時が来た。

 社団法人も大きなプロジェクトが動き始めた。

さぁ、メイン通りに戻ってスピードを上げていこう!!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

CROSSHEART

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。