見出し画像

CFTC建玉明細インジケータ『IMM Position Checker』

こんにちは〜、キツネです🦊

Twitter(@crypto_kitsune)では事前告知や製作進捗を載せていた「IMM Position Checker」ですが、やっとインジケータとしてまとまったのでNoteでお披露目することになりました。早速概要から書いていきたいと思います。

概要

本著で購入できるのは、Commodity Futures Trading Commission (CFTC)からシカゴIMM通貨先物ポジションのデータを自動インポートし、チャート上に表示するインジケータです。

Zai FX!や第一商品株式会社で見られるものよりも、より期間・確認できる銘柄が広範で、ユーザーのニーズに合わせて表示できる自由度の高いものにしました。

CFTC IMM建玉明細の概要や使い方など詳細については各証券会社やこちらの記事などをご参照ください。

機能一覧

①ティッカー自動検知
IMMポジション表示可能ペアのチャートを表示すると、自動でそれに対応する建玉明細を表示します。デフォルトではIMM建玉明細(投機筋)のロングショート実数値、および差引が表示されます。


△USDJPY 1D 投機筋のみ表示(デフォルト)
②ティッカーシンボル検索
今開いているペア以外の建玉明細を見たい場合は、ティッカー検索で表示することができます。


△USDJPY 1DチャートにGBPのIMM建玉を表示させている例
「IMM Position Checker」対応ティッカー一覧
🦊通貨ペア11種
日本円(JPY)
カナダドル(CAD)
オーストラリアドル(AUD)
ニュージーランドドル(NZD)
イギリスポンド(GBP)
スイスフラン(CHF)
ユーロ(EUR)
メキシコペソ(MXN)
ブラジルレアル(BRL)
ロシアルーブル(RUB)
南アフリカランド(ZAR)

🦊暗号資産1種
ビットコイン(BTC)

🦊指数4種
ナスダック総合指数(NDX)
S&P500(SPX)
日経平均(NI225)
VIX(VIX) new!

🦊金利3種
米国債2年物金利(US02Y) new!
米国債5年物金利(US05Y) new!
米国債10年物金利(US10Y) new!

計19種

上述の通り、為替業者各社では書かれていないビットコインや日経平均の建玉明細も見ることが可能です。
③ロングショート反転機能
IMMポジションはドル建ての各通貨・指数のロングショート明細です。従って、本来は投機筋の決済(反対売買)を見越して、底ショートが増えればロング示唆、天井ロングが増えればショート示唆のような使い方をします。(詳しくは上述の解説ページを参照)

この反転機能では、ドルベースの各通貨・指数から見たロングショートではなく、ドルから見たロングショートを反転表示することができます。つまり、ロング表示が多ければロング、ショート表示が多ければショートのような対偶の見方をする事が可能です。初心者の方などは特に、こちらの方が感覚的にも視覚的にも分かりやすいのでオススメの機能です。


△USDJPY 1D ロングショート反転
④OI(オープンインタレスト)表示機能
IMMポジションのOIを表示できます。


△USDJPY 1D OI表示
⑤商機筋表示機能
投機筋に加え、商機筋(実需)のポジション(ロングショート)および差引を確認できます。


△USDJPY 1D 商業筋(実需)表示
⑥投機玉ネット背景色機能
投機玉ネット(差引)の正負に合わせた背景色を表示できます。ロングショート反転機能にチェックを入れている場合は、投機玉ネットの背景色も反転されます。


△USDJPY 1D 投機玉ネット背景色表示
⑦集計日(火曜日)ベース表示機能(2019/07/30版アップデート)
IMM建玉の発表日(金曜日)ではなく集計日(火曜日)に合わせて表示する機能です。

仕様

リペイントはありません。また、ソースデータもCFTCからの自動インポートとなりますので、手入力でどうこうするみたいなことも勿論必要ありません。

機能一覧で記しましたが、CFTC建玉明細の「投機筋ロングショート、および差引」「商業筋(実需)ロングショート、および差引」「OI」が表示できます。その他の追加機能や対応ティッカーについては上述の機能一覧を今一度ご確認ください。


△インジケータのインプットパネル見本

価格

2000円(発売日価格)の買い切りです。月額課金等、追加課金の制度はありません。値下げはありませんが、販売個数制限(権限付与作業の煩雑具合に依存)のための値上げは考慮に入れています。予めご了承ください。

購入から導入までの手順

noteアカウントを作成し、本noteを購入後、コメント欄にTradingViewアカウント名を書いていただくことで、こちらがインジケータの利用権限を手作業で付与するという手順になります。購入前に必ずnoteのアカウントを作成してください。

(万が一noteのアカウントを作成せずにご購入された方は、購入時にメールアドレス宛に送られるレシートのスクリーンショット(注文IDが写るようにしてください)を添えて、TwitterのDM(@crypto_kitsune)までご連絡ください。)

詳しい手順は以下の通りです。
🦊①[重要]noteアカウントを作成する。(Noteアカウントがない状態ですと、コメント欄に書き込みができないようですので、必ず購入前に作成してください。)
🦊②本著『CFTC建玉明細インジケータ「IMM Position Checker」』を購入する。
🦊③note下部のコメント欄に「(1)購入者アカウント名、(2)TradingViewアカウント名」の必要最低限の情報を書き込む。

[注意]「TradingViewのアカウント名」とはTradingViewトップページの右上の以下の画像の部分です。↓


🦊④権限付与が完了した方からコメントをこちらで削除していきます。自身のコメントが削除されたことが確認できたら、TradingViewの「インジケータ」内の「招待者のみ公開」という部分から、「IMM Position Checker」を確認してください。

[重要]「お知らせ欄」について

コメント欄最上部に「お知らせ欄」を設けています。TradingViewIDの記入間違いなどがあり、処理がストップしている方はこちらに表記しています。しばしば確認してください。
----------------------------------免責事項----------------------------------
本著購入特典のインジケータは投資・投機における取引の結果を約束するものではありません。
取引に関する最終判断は、利用者ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

本著購入特典のインジケータを利用したことによる取引の結果について著者は一切の責任を負いません。
二次配布や本著のいかなる内容の無断転載は禁止です。


この続きをみるには

この続き:1,175文字/画像7枚

CFTC建玉明細インジケータ『IMM Position Checker』

狐クン

2,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

22

狐クン

コメント1件

本著内のインストラクションに沿って「(1)購入名、(2)TradingViewアカウント名」をこちらにご入力ください。
—————————————————

【お知らせ欄】
TradingViewIDの記入間違いの恐れがある購入者さん名義
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。