見出し画像

為替のすべて[1.0]

売り切れ


みなさんこんにちは、キツネです。
前回の雲のNoteがかなり反響があったみたいでありがたい限りです...。購入して下さった方ありがとうございました。

さて、今回のNoteですが、内容は「為替における考え方」といったら大雑把すぎるんですが、「買い」と「売り」って何なんだ?ってところから、インジケータの計算式を分解したり、通貨強弱といった大きなコンテクストまで1から10をまとめたものになっています。特にインジの考察部分は自信があって、ダイバージェンスがどういう仕組みで起きているのか、とかそもそも何を意味しているのかみたいな事を中心に書いています。無料部分の最後に目次を付けておいたので、それを参考にしてみてください。

「無料部分」と言いましたが今回は有料にさせていただきました。売るかどうかも実際すごい悩んだんですよね...元々自分の頭の中を整理するという目的で書いてたものでして。

ただ書いているうちに予定よりもかなり良いものができたので、感想をもらうために公開するという感じです。

※12/25に再販終了しました。

というわけで、僕の考え方に真剣に付き合ってくれる物好きな方だけ買ってください。市販の書籍買って考えれば自分でたどり着ける内容です。考えるのが苦手な人は買わないでください。多分読むのがかなりしんどいです(物理的にも精神的にも)。滅茶苦茶読むのに頭使うと思うので、楽してチャートの右側知りたい~みたいな方はご遠慮ください...。

目次
イントロダクション
「買い」と「売り」それ自体を因数分解する
為替における仮想的な出来高を算出する
ダイバージェンスと供需の歪み
高値圏と安値圏の定義
インジケータのダイバージェンスの背景
平均損益分岐価格
為替個別チャートと通貨強弱
手法実践記録

おまけ
雲と平均損益分岐価格(応用)
移動平均線の応用
インジケータの数値設定
マルチタイムフレーム分析の瑕疵

あとこの話は基本「為替限定」です。株その他にも流用できるにはできますが全く同じというわけではないので悪しからず。(大体出来高のせい)

※このNoteはキツネの相場独自解釈による考察です。負け無しの絶対的な利益を確約するものではございませんので悪しからず。LCルールを守って楽しくトレード!

この続きをみるには

この続き:15,657文字/画像13枚
記事を購入する

為替のすべて[1.0]

狐クン

3,000円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

105

狐クン

BTC

1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

ヒドゥンダイバージェンスについてもmacdとobvで説明をお願いしたいです!
>>@training_music_nlp
3月上旬には対応します!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。