最期の日の迎え方

大杉漣さんが、急逝したニュースを聞いて、突然に死を迎えるのと、余命を意識しながら死を迎えるのと、どちらが幸せなのだろう?と考えていた。
私は、最期の日は、余裕をもって、後のこと整理して、お別れ伝えられる人に伝えて、迎える準備をしたいなと思う。そういう意味では、再発を意識して、嫌でも余命を考え、Quality of Life意識するようになったことは、私にとって、良いことなのかもしれない。
良く死ぬことは、良く生きること。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Akiko Mikami

The view from my window

子供達も大学生となり、まもなく卒母! というタイミングで、乳がん発覚😳 仕事続けながらの、サバイバー生活 日々のつぶやき🎶
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。