肌と目の止まるところのない全くの違法科学会議

私は大陸の屋根から各都市に向けて杖を突く。杖の先端で光る照明、照らされる自動車自動車の戯れ、電子の遠心力で円盤を湧く鉄と油、その輪たちがジャラジャラギラギラと無垢の手首でアクセサリーとして映えている。交通たち身に纏い武装する100万の兵士、足とモーターが土地に土地を重ねた。合間の乳化した歴史を肌で感じながら、肌と目の止まるところのない全くの違法科学会議

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

ctlxy

セミオートライティング
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。