黄金の外科医は睡眠の質で毎日が決まるとイカガワしいイキフンを出しながら

鏡がその表面で計算する、音の外にある科学が服を着た私と服を着ていない私を映し出す。画の中の自分、今目の前は矩形に区切られているため、その礼拝と戦闘の意思も矩形に区切られている。服の内側の暗闇で匂いを発する動物たち、それまでも反射しているのだろうか、反射していると感じる。

反射がスタートする、胃の中にある今朝の塊、今朝の液体まで、小さな地震とLCDから発せられる過去まで。全球を覆う赤白い布はこの区の起伏を舌先で舐め回し、体内の時間を突破し続ける。その布でできたソファーに腰を落ち着ける黄金の外科医は睡眠の質で毎日が決まるとイカガワしいイキフンを出しながら、まだ並走したくないと飴の表面を侵攻した。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ctlxy

セミオートライティング
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。