あかり

 春の白白明けに、幽幽とした空が次第に明るくなった。
 わたしの心身も、だんだんに目覚めた。

 晴れ渡って、真夏の澄んだ大空。
 もし、その働きすぎな太陽が少しサボったら、
  皆も気軽に過ごせると思う。
 わたしのなかも、一緒に冷やしてくれるでしょう。

 秋のある日、スカイラインの端っこに、いつも通りに日が沈んで行く。
 また、こんな長閑な金色に一日が終わる。

 深くて、何も見えない夜空の中で、灯台のような薄い灰白。
 昼の日光より、寒い真夜中の月は、もっと人の心を温める。

 様々な時節、色々な光。

 すべて、わたしの記憶の奥で、麗らかな記憶だ。

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

近く図書館に行って、私を探せ~♫

近く図書館に行って、私を探せ~♪
34

飲み物一枚

あの不思議の国の中で、「私を飲んで」という紙が貼られてしまった奴です。

お題のまとめ【#旅する日本語】2019

「旅する日本語-2019」を参加した投稿の置き場。

コメント3件

『麗らか』って 感じられる 飲み物さんの 心が『麗らか』だから 安心して✨
ちなみに、ふゆほたるさん、
旅行券を使ったことがありますか?
あたす 使ったことないですねぇ笑

今 調べたら 一円単位でも使えて ウェブでも 管理出来るみたいですね✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。