猫はすでに死んでいて、からだを固くして丸まっている。彼は、むき出しになった猫を抱き上げて立ち上がり、もう一度港のほうを眺めた。そして、徐々に脂が抜けつつある灰色の毛にてのひらをあてながら……(土門蘭、2019)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

近く図書館に行って、私を探せ~♫

コメントもごゆっくりどうぞ~♫
4

飲み物一枚

あの不思議の国の中で、「私を飲んで」という紙が貼られてしまった奴です。

散策して~話して~♫

雑談まとめ。時々ツイッターを同時にアップデートしてます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録